• 2017/03
  • 2017-04 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017/05

RESPECT〜このブログを
   Oscar micheaux
  Paul Robeson
Spencer Williams
 Sidney Poitier
 Dorothy Dandridge
 Melvin Van Peebles
    Kool-Herc
 GrandmasterFlash
 Afrika Bambaataa
Fab Five Freddy
Grandmaster Caz
    Melle Mel
    TAKI 183
CrazyLegsに捧ぐ
『THE MAN WITH THE IRON FISTS』
2013年10月01日(火) 00:13
いきなりですが千葉真一さんがさ、JJ(ジャパンジャスティス)サニー千葉って名前にしようが、和千永 倫道ってな難しい名前にしようが、正直国内ではあんまり話題にもなんなかったでしょ?でも海外で“サニーチバ”っつったらそれこそQT自ら出演オファー出してきたり、未だにアクションレジェンドとしてDVDなんかもリリースされてたりする訳じゃないっすか。そうです、特にアフロアメリカンは何故かカンフーや空手といった東洋武術が大好きで、尚且つそういった映画が量産された70年代の作品も大好きなのでありますよマジで!

なもんで…今回紹介する作品は、きっとこの人もそんな70年代オリエンタルアクションムービーの大大大ファンだったんであろうウータンクランの統領であるRZAが自分でもつくっちゃおうってな感じでリキいれて撮った『THE MAN WITH THE IRON FISTS』ですばい!

中国で敵対する勢力である猛獅会と群狼団両方から武器の製作をたのまれた鍛冶屋。そんな中、猛獅会のアタマでらる金獅子が、金塊の輸送中に部下の銀獅子に裏切られ殺されてしまう。更に銀獅子は金獅子の息子であるゼン・イーの元にも刺客を送り、瀕死の状態になったゼン・イーは鍛冶屋の元へ。しかし、銀獅子に捕えられた鍛冶屋は、両腕を切り落とされてしまう…

RZAがカンフー映画を撮ってるって事はもう随分前から話は出てたんですが、いよいよそいつが公開!…といっても既に関東・関西方面では上映が始まってるってのに、またいつもの地方ハンデを喰らうのか?と不安になってましたがなんとか遅れたもののでめでたく公開となり行ってきましたよ久しぶりにルンルン気分で劇場へ!

結論!いやいやいや、メタメタ良かったっすよおおおお〜!!!!!

QTが関係しているだけに70年代香港カンフー映画に対するオマージュを随所に感じられるだけでなく、全体的にはグラインドハウス臭がプンプンでしてwww。腕はモゲるし人間じゃね〜ヤツいるし、キャラの名前が格ゲーみたいだしでもうキル・ビル的にハチャメチャなんすよ!ちょっとコアな事言えばさ、ジャッキーさん初期黄金時代、いわゆるゴールデンハーベスト製作の純正カンフー映画って、どっちかっつ〜と残酷な作品よりもクソ真面目だったり逆にコミカルなモノが多いでしょ?(前者がロー・ウェイで後者がユエン・ウーピン)。

でもそれ以前、いわゆるショウブラザーズ(ゴールデンハーベストを立ち上げたレイモンド・チョウやロー・ウェイもいた映画会社ね)系の作品ってのは結構真っ赤なベットベトのわざとらしい血のりドッバ〜みたいなヤツも多くてwww。ジミー・ウォングがおっそい蹴り入れたら口からドッバ〜みたいなwww。片腕だったり超変な武器だったりwww。でも俺達的にはそれもまたまぎれもない“あの頃”な訳で、むしろカンフー映画の“恐ろしさ”みたいなもんをモロに見せてくれてた訳よ!

んでそんな古き良き時代にRZAというウータンなアーティストがHIPHOPというエレメントを混ぜちゃったもんだから、ハチャメチャ具合もバイバイゲームだし、あの頃には無かった今風なCOOOOLさってのがプラスされて、最高にバカカッコいいエンターティナー作品に仕上がってると思いました。

なにしろさ、設定も普通じゃないじゃんwww。俺らなんか最初は『少林寺木人拳』ですら「ええええ〜?」とか思ってた何もわかっちゃいないガキだったんだけど、後にそれこそ遡ってショウブラザーズ系のトンデモ系カンフー作品を見る様になり、“目が肥える”訳ですよ。そんな俺にとってはホンットにこの手のトンデモ・ナウ!系な作品をこの時代に見れるなんざ…RZAよ、ウータンの冠はダテじゃなかったなホントに。

それから俺が一番不安に思ってたラッセル・クロウなんだけど、意外にこの作品に溶け込んでたっつ〜か、妙に“浮いてなかった”んだよね〜。それよりもなによりも、悪役がそれぞれいい味を出してたな〜と。だってカンフー映画、特に時代劇的な設定のヤツって、いかに悪役が悪くて個性的で強いかで全然変わってくる程重要なアイコンであることは間違いナッシングでしょ?そこ行くとオモロなヤツから超個性的なヤツまで、マジでいい感じだったなと。

ま、カンフー的な部分で言えばもちょっとって感もあったけど、それでも、それでも、それでもよく頑張ってるな〜って感想に繋がっちゃうのでやっぱなんだかんだで俺的には大満足いく作品だったと言えますですはい。

あ、それから、たったそれだけの為に!ってな感じのチョイ役でパム姉さんが出てるんだけど、逆にそれだけの為だけにって感じだからこそ有難味があってこれまた最高でやんしたよおおおお〜!ジミーウォングの『片腕必殺拳』みたいに続編やんね〜かな〜!!!


『LINCOLN』
2013年09月25日(水) 00:14
え〜音楽の話から。

今ボクちゃんは会社にバイク通勤しておりますが、その時聴いてるi-padの中はすべて歴代の『ワイルドスピード』サントラになっております。色々試しましたが、なんだかんだでロックよりもブラックミュージックな俺…これはしょうがないっすね。車がブンブン走る映画名だけにそれこそ疾走感がある曲も多いのでそうしてんですけど…

けど…けど思うんですけど…このサントラ5枚…

似たような曲ばっかだな…とwww。

ツーリングミュージックとしてはもうこんなんでもいいんですが、やっぱりHIPHOPにトレンドあれど、俺が好きな方向へは向かってないな〜と改めて思うオールドスクーラーでございますwwww

っつ〜事で今回ご紹介する作品は『LINCOLN』でございます!

まずは…すまみ千円、ボクちゃんこの作品なななんと劇場で見た訳じゃなく、ついこないだレンタルDVD鑑賞で済ませちゃいましたwww。この作品は是非劇場で見たいと高原していたにも関わらず、何故か、何故かそこまで劇場に足を運ぶ衝動に駆られなかった…

DVDを見て改めて俺個人的な“触覚”というものに超個人的に自信を持つ結果となりまいした。というのも正直かなり期待とは違った内容だったし、予想していたテイストから比べたら…つまんなかったからです。

あのリンカーンをスピルバーグがっ!という時点で普通は誰もがきっと歴史的とはいえ、伝記とはいえ、そこそこのスペクタクルを期待したり、当然メインはゲティスバーグの戦いを描くんだろうなという予想するでしょ?

はい、全然ちゃいますwww

ハッキシ言ってほぼ“議会の会議シーン”なもんで、ある程度の展開や甲乙を期待して見に行った人ってのは、リンカーン、スピルバーグうんぬん関係なく、きっと“つまらなかった”んじゃないかと思うんです。もっと言えばそれらに興味や思い入れが無ければおもいきしディープスリープ系の作品とすら言えるんじゃなかなと。

でもね、逆に言えばさ、リンカーンっつったら“奴隷解放宣言”、歴代のアメリカ大統領の中でもトップクラスのリスペクトの対象として世界にその名が知れ渡っている偉人ですが、この作品はそういった彼が背負っていた様々な“苦悩”にフォーカスし、よりその人物像を深く追求した作品と言えちゃうんですよね〜。つまり娯楽としての映画というよりも、“知る為の映画”というか“教えてくれる作品”としては充分に興味深く、また秀作であったと個人的には思います。

ちょっと彼の事に関して言うとえらく長くなるし難しい話になっちゃいそうなので割愛して…ちょっと内容から離れた部分で言えば、主演のダニエル・デイ=ルイスの演技はホントにアカデミーも納得の素晴らしさで、更にその妻を演じたサリー・フィールドが個人的にはとても印象深い存在感を見せてた様に思います。

1865年に南軍が降伏するまでの4年間続いた南北戦争、戦死者62万人…どんだけだよ。んで結局戦争が終わって間もなくリンカーンも暗殺…それにさ、いくらオバマが現大統領とはいえ、なんだかんだで“完全なる自由と権利”をまだ“彼等”は手にしてない訳だからね。意地悪な言い方をすれば、本当にただ単純に“肌の色によって差別だのなんだのバカげてる!”といった人間的な感情の元にリンカーンが活躍していたのなら、いや、活躍出来たのなら、本当に表面的なスローガンであった奴隷解放ももっともっと違った意味で未来につながったんじゃないかなと思う。

けどね、なんだかんだで人間って理想の為に妥協したりきたない事しなきゃいけなかったりするんだよね。この作品の日本版キャッチでもある『命をかけて夢見た真の「自由」』ってもんに対して色んな感情を持てるん作品だったなと。もしそれが全てなら、世のアフロアメリカン達はキングやマルコム同様にもっと彼をリスペクトするでしょ?www

『FAST & FURIOUS 6(ワイルド・スピード EURO MISSION)』
2013年09月20日(金) 00:25
こないだ中国に出張にいったとココでも触れたんですけど、海外旅行の経験がある方なら皆さんご存知でしょうが、機内では映画なんかも見れちゃったり、中にはまだに日本で公開されてない作品なんかも見れることもありますわな。

ま、今回は既に公開済の作品なんすけど、機内で見させてもらったヤツを紹介しちゃおうかなと思います。これはオモロかっったっすよ〜!『FAST & FURIOUS 6(ワイルド・スピード EURO MISSION)』です!

大きな仕事を終え大金持になったドミニク達。それぞれが優雅な生活を静かに送っていたが、そんな彼の元にFBIの天敵であるボブスが現れ、元イギリス軍人ショウが率いる犯罪組織の謙虚に協力してほしいと頼む。しかも死んだはずの元恋人であるレティが生きている可能性もあることがわかり、再びチームを集めるドミニクだったが…

このシリーズはホンットにハズしませんよマジで!っつか車に興味がない男性もそりゃ〜いるだろうけど、きっとそんな人達でも十分スゲエスゲエと楽しめちゃうんじゃないかなとマジで思います。特にこの作品は過去のド派手さに負けず劣らずのカーチェイスアクション大作となっておりました!

さて、いっつもハンパない種類の車が登場する今作、俺が個人的にニンマリしたのは、ゴツいアメ車のマッスルカーでもなく、解り易い嫌味感満載のイタ車でもなく、レティが大事に愛車としてブンブン転がしていたイギリス車であるジェンセン・インターセプター!どれもこれも“速さ”を売りにしてる車ばっかな中、71年式のラグジュアリー車でしかもそんなに需要も高くなかったこの車をチョイスし、しかもニトロまで搭載してドッグファイトさせるなんて、やっぱりこの作品はホンットにこの辺り車好きの的を得てるな〜と感心しますわマジで!

それに単純明快なストーリーとはいえ、今回は金や満足感ってだけで動く彼等ではなく、自ら達を皆が“家族”という様にサッと集合し、サッと動ける絆きたいなものも感じ、シリーズの中でもストーリー的にも厚かったんじゃないかなと思いましたね。個人的にはシリーズ最高の作品だと思います。

ま、そもそもFBIが態々国際指名手配犯を訪ねてって「お前らの力を貸してくれ」って設定の時点でアウトっちゃアウトなんだけど、この作品はそんなこまかな(いや、結構デカいけど)部分あ〜だこ〜だ言うべき作品じゃない!だってホンットによく考えるよな〜って思う程、毎回新たなカーチェイスが登場し、毎回新たなクラッシュシーンが来る出される訳でしょ!もうね、否応なしにアドレナリン分泌ですわ!

それにさ、今回は個人的にも大好きなミシェロドにスポットが当たってただけに、いつもの斜に構えて男を挑発するワイルドな彼女も見れるし、ふっと女に戻ってきゃわいらしい笑顔も見せてくれるしでもう!それにさ、更に嬉しいことに、これまた大大大好きな格闘家、ジーナ・カラーノもロック様の部下として新登場し、飛びつき十字固めまで繰り出してくれちゃってるしでもうおっちゃん大満足ですわ!マジでシーナ、綺麗でカッコイイ!

んでもって今回は悪役のショウが乗る車ってのがなんともスゲエやつでさ、なんか形や音はモロにF1みたいなんだけど、フロントカウルで正面衝突して相手の車をハネあげちゃう必殺技まで繰り出す恐ろしい軍事車両でさ、もう初っ端にドミニク達はこれでボッコボコにやられちゃうんだわさwww。それにやっぱ元軍人っつ〜だけあってハイウェイでは“戦車”まで繰り出す始末…もう過去の敵とはレベルも違うんだよコレがwww。勿論我が日本が誇る高性能な日本車も登場しとりましたよ〜!GT-Rは勿論の事、スバルBRZにランエボ、370Zも外国受けするよね〜!

それに、これはこの作品をココで紹介する一番の理由でもあるタイリース・ギブソンとリュダクリスの存在なんだけど、これはオーバーでもなんでもなく、彼らがいるいないじゃこの作品の満足度は随分と変わってくる!と言えます。ま、勿論俺がココでこんなブログをやってっから…という理由もあるんだけど、彼等2人がチョイチョイ見せてくれるウィットにとんだ会話やズッコケエピソード、それらがストーリーの中でも抜群の存在感を見せてくれてるし、なんだかんだで“なくてはならない存在”になってんだな〜と改めて感じましたね。

監督のジャスティン・リンも、途中『阿呆遊戯 ブルース・リーを探せ!?」』といったトンデモ作品なんかも撮りつつ、なんだかんだでこのシリーズ6本中4本の監督を務めてるだけあってツボを心得てるな〜と思うし、これまたお約束の様に続編がある事も決定っつ〜事で、どんどんスケールが大きくなり、面白さもデカくなってく分、いつどこで失速しちまうのか不安で仕方ないっつ〜感情も無きにしも非ずで御座います。

とにかく、このシリーズはどれもオススメ!見て損はないっす!
『AFTER EARTH』
2013年09月14日(土) 00:30
いやいやいや、おひさです。

というのも出張で今年2回目の中国に行ってまして。結局、渡航経路としては上海、広州、台北、香港と5日間行ってきたんですけどね…いやいや、日本は最高ですわホンットに!マ・ジ・で!www

っつ〜事で多くを語らず行こうと思いますけど、今回ご紹介する作品は『AFTER EARTH』です!

西暦3072年、地球環境を自ら破壊してしまった人類が移住した惑星ノヴァ・プライム。しかしそこにはエイリアンが住んでいて人類を絶滅させるために気色の悪い生命体であるアーサを作り上げた。人類は精鋭のレンジャー部隊でアーサに立ち向かい、その中でもサイファ将軍はゴーストと呼ばれるエリートだった。そんな彼の息子キタもレンジャー部隊の候補生として訓練に励んでいたが…

ま、“バガーバンスのなんとか”みたいな彼にとっては異色作もあるにせよ、なんだかんだでウィル・スミスの作品ってのは傑作とまではいかないにしろ、そこそこ楽しめる良作が多いでしょ?んで今回もSFという事である程度の安心感をもって見たんですけど…

はい、極々普通に楽しめましたwww

ホントは最初の話題性から一気に失速した感のあるM・ナイト・シャマラン監督のSF物って事で“もしかして…”とも思ってたんですが、製作・原案・出演と、この作品に結構なリキを入れつつ、我が息子を嫌味な位バックアップしているフレッシュプリンス親父の気合も感じながら楽しめたかなとwww。

ま、これまた俺みたいなヤツだから突っ込み処は沢山探しちゃうんだけど、一番残念だったのは敵のボスキャラであるアーサがたった1匹しか出てこないんだけど、もっとウジャウジャ出して絶望感をくれないと!www。それにあんな気色の悪い生物造る事が出来るっつ〜ならよ、目くらい見えるようにしてやれよ〜!恐怖の匂いに反応して攻撃するなんざ、そっちの方が感覚として製造が難しいと思うわいwww!それからまずそのアースなんだけど、もう最近は“モンスター”っつったら皆こんな感じでさ、全然新鮮味がないといいますか、もっとあっと驚くような形状のキャラをいい加減そろそろ生み出す必要があるんでねえの?

とまあんなこないいとして、一番残念だったのは、やっぱりモノホンの親子共演なだけに、どうしても“過保護感”がその裏側から伝わってくるといいますか、100%映画の世界に感情移入出来辛いかなと…確かに息子をスターに!って事でカミさん共々頑張ってるのはわかるけど、やっぱ共演はやめた方がいいんじゃないかなと個人的には思いました。

それからシャラマン監督の良くも悪くも超アクの強い作風ってのがビックリするくらいナリを潜めてたというか、ヘタすると製作陣とキャストがこれだけメジャーでなかったら、ひっそりと大量にれんたるが始まってるB級作品といってもおかしくないレベルにも感じました。彼の専売特許でもある大ドンデン返しのかけらもなく、予定調和で終わるしねwww。

でも、それでも普通に楽しめる作品ではあります。それに大ドンデンはないんだけど、その分結構泣けるラストになってるんじゃないかなと。ただ、どうしても“会話”が多い作品だから尚更違った感情も生まれ、何度も言うけど“リアル親子”って関係性が色んな部分で作品の邪魔をしてるな〜と思いました。ま、これはそんな事どうでもいいって人は気にもならないんだろうけどねwww。

レンタルしてもガッカリしないレベル、とは思いますよ、マジで。
『CLOUD ATLAS』
2013年09月07日(土) 00:12
いやいやいや、ごぶさたです!…はい、忙しいんです色々と!

っつってもですね、実はちょっと前に大型二輪の免許を取りまして…っつ〜のも通勤途中の専門店でハーレーダビッドソンを眺めつつ、急激に「乗りたい!」という衝動にかられ、それまで1ミリも興味を持たなかったバイクというジャンルに没頭し、仕事の合間を見て教習所に通い、中型〜大型と取得!そして気が遠くなるローンにて憧れの鉄馬を手に入れたという状況でございます。

俺は何でもかんでも“物はフルに使う”タイプでして、レア物だろうが限定品だろうが高額だろうが他と同じ様にガシガシ使うタイプなもんでして、もっぱら新車のハーレーも可愛がりはすれど過保護にはせず、雨以外の通勤ではブンブン走らせております。

皆さんも幾つになろうが“MAKE IT FUNKY”を忘れずに!

っつ〜事で今回ご紹介する作品は、前回ケチョンケチョンに酷評したお春苺姉さんリベンジなるか!?『CLOUD ATLAS』でござんす!

はい、いつもならココでちょいとストーリーに触れるけど…んな事よりもハッキシ言うわい!誰がなんと言おうと“訳わからん!”わい!

っつ〜事で今回ご紹介する作品は、前回ケチョンケチョンに酷評した愛する春苺姉さんのリベンジなるか!?

輪廻転生かなんか知らんけど、俺はもう最初から全然退屈で退屈で、それでも我慢して期待して見てたんだけど、1時間たっても全然作品に引き込まれなかった…つまり俺という人間の感性がこの作品のカラーを拒絶している…もっと簡単に言えば“好きじゃねえ!”って事なんだわさ!

しかもこれ3時間近くもあんだぜ?俺にとっては拷問だっつ〜に!っつ〜か拷問すら拒否で後半は完全に眠れる森のおっさん状態だったわい!なに?「お前最後まで見てないでわかった様な口きくなこのスカタンディスコキングがっ!」だと?じゃか〜し〜わい!俺は後半全然見てなくても全く後悔も惜しくもないっつ〜に!輪廻転生か、なんとかカーネーションか知らね〜けど、壮大すぎるだけでなく手の凝りようがハンパなくて素直に楽しめないんじゃわい俺みたいな単細胞生物じゃよ!

なんつ〜と「お前がバカなんでね?」とか言うそこの北京原人をむりやり現代に呼び戻したようなアンタ!明日目を覚ましたらアフリカの少数民族しか理解できない言語しか使えなくなる呪いを今送ってやるわい!この油とり紙がっ!

…と、キレ芸はこの辺にして、冷静に冷静にwww

でも、ホンットにお春姉さんの作品として見てるからって部分も大きいんだろうけど、やっぱどっちかっつ〜と銀髪で嵐をブワアアアア〜っと呼び起こす姉さんの方が俺は好きだね。それにとにかく残酷な形で人が死ぬシーンが多いし、アンドロイドっつ〜かミュータントっつ〜か、そんな人造人間みたいなんがアジア系っつ〜のもなんか不快だったしよ。しまいにゃアフリカ系にアジア人っぽいメイク施したり…もう訳わかんないんだよ。

6つの話が進行してて、俳優陣も1人何役も熟してたりで一生懸命なのは焼肉ジュウジュウわかるんだけど、最後は無理矢理感メガトン級でさ、寝てたから途中まで巻き戻した俺の労力を返してほしい位なんだわさこれが!

っつかね、結局好き嫌いって言葉で纏めちゃうのもこんなに罵詈雑言言った俺からすれば申し訳ないんすけど、俺はこの作品が好きじゃないっすね〜、ウォッシャウスキー兄弟ですか?ラナの方がすっかりいろんな意味でお変わりになられて…っつかマトリックス以降ちょっとヤバくないっすか?Vフォー・ヴェンデッタからスピードレーサーっすよ?www。ま、いろんな意味で仮想現実には肯定的な俺ですが、なんだかんだでおもしろくなくちゃねえ…www。

トム・ハンクスだろうがスーザン・サランドンだろうがヒュー・グラントだろうが、俺的にはちょっと厳しすぎる作品でやんした。

『キネマ旬報』なんかよりも『映画秘宝』が好きなんじゃわい俺は!www

Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog