• 2017/10
  • 2017-11 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017/12

RESPECT〜このブログを
   Oscar micheaux
  Paul Robeson
Spencer Williams
 Sidney Poitier
 Dorothy Dandridge
 Melvin Van Peebles
    Kool-Herc
 GrandmasterFlash
 Afrika Bambaataa
Fab Five Freddy
Grandmaster Caz
    Melle Mel
    TAKI 183
CrazyLegsに捧ぐ
『SINS EXPIATION(ザ・リベンジ 戦慄のマフィア)』
2013年11月05日(火) 10:55
ども!お久です!

前回告知致しました通り、引っ越し先も無事アメブロに決めて、テンプレも決定し一安心で御座います…ちょっとガチャガチャし過ぎてる?バックは黒がいい??wwwww

ただ、アソコはなんだかんだでランキングだのなんだの躍起になってる人達も多いじゃないすか。んで個人的には1ミリもそういった部分には興味が無い為、結構どうしようか考えましたけど、これは正直な話、これまでやってきたLIVEDOOR、FC2、DTIと比較しても“一番機能的に融通が利く”のはアメブロだなと思いましてね。

っつか以前やってましたからね、要するに“元サヤ”に戻るっつ〜事にもなりますwww。

次回の作品から向こうで始めます…つまりココでの紹介はコレが最後になります。んで、残念なのはココでのサービスが終了すると、ココでのデータも全部消えちゃうって事ですよね?なんだかんだでココが一番長かっただけに、何とも残念で淋しい気持ちではありますが、資料として残す為でも、後で見直してニヤけたりする事も無いのである意味コレはコレでブログの宿命なのかな…とも理解してます。

っつ〜事で今回の作品は…残念な感じなんすけど『SINS EXPIATION(ザ・リベンジ 戦慄のマフィア)』をご紹介!
元ギャングで今は脚を洗ったレナード。以前、仲間を殺してしまった懺悔の為に今はイタリアに渡り神父となっていた。そんな彼がシチリアに向かう為に乗った列車の中で知り合った盲目の男ダビデ。彼らは次第に自分達の過去を話し始めるが…

ちょっと前にココで紹介して何をどう綴ろうかにっちもさっちもいかなかったつまんね〜系の作品であったBOWWOW主演の『アーミーロード』。そのレビューでもチラッと言ってましたが、一緒にレンタルしたこれまたつまんね〜系作品ってのが今日の作品でしてwww。ダニー・グローバーという名優しても、作品が作品の場合はどうしようもねえなっつ〜感じの残念感タップリな感想となってしまいました。

ストーリー自体に躍動感が無いのか、はたまたただ単に製作費が少ないからか、やけに無駄な長セリフが多いし、ホンットに間延び感がハンパなく、かと思えば突拍子もない状態で突拍子もない事が起こり、そのありえね〜シチュエーションというか、もっと言えば『臭さ』に口アングリになったり…www。

図式的にはイタリアンマフィアvsニューヨークマフィア的な見方も出来るんだけど全然そんなスケールでもねえし、スゲエ簡単に言えば「薄くて雑」な作品っつ〜かwww。だもんでこれも以前の『アーミーロード』同様、語るべき部分が少なすぎるんだよマジでwww。

せめてさ、マフィア系の作品なんで、殺しのシーンなんて結構生々しい部分がありゃ、ちょいとしたリアルを感じる事も出来るんだろうけど、そういった美味しさも皆無だし、むしろ「んなわきゃねえだろ…」的苦笑物っつ〜か…いやはや、マジで退屈でした。

これまたココでよく使う言い回しなんだけど、果たしてこの作品のこの役を“ダニー・グローバーがやる意味やメリットがあったのであろうか?…”と思う。個人的に大大大好きな『リ―サルウエポン』シリーズの主役の1人でもある彼の事は昔から大好きなんだけど、やっぱりどうしても自分の中で彼のイメージってもんが出来上がっちゃってるってのも申し訳ない話なんですけどね。けど、いくら“元”とはいえ、彼が以前冷酷なマフィア…って設定がどうしても入ってこないというかさwww。いくら重厚な演技とはいえ、そういった説得力は残念ながら感じる事が出来なかったってのが正直な感想ですね。

邪気をまわして考えれば、ダニー・グローバーってこんなんも引き受けなきゃいけない状態なの?って心配になる作品だったなとwww。やっぱ彼にはリッグスみたいな強烈な個性をもった相棒がいた方が、彼の魅力自身もグッとグッと引き立つんだけどねwww。

DTI 、今まで有難う!

とまあなんともショボいレビューになってしまいましたが、次回はアメブロでお会いしましょう!

http://ameblo.jp/crossinsane/

Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

http://crossinsane.dtiblog.com/tb.php/408-92aff3c5

Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog