• 2018/08
  • 2018-09 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018/10

RESPECT〜このブログを
   Oscar micheaux
  Paul Robeson
Spencer Williams
 Sidney Poitier
 Dorothy Dandridge
 Melvin Van Peebles
    Kool-Herc
 GrandmasterFlash
 Afrika Bambaataa
Fab Five Freddy
Grandmaster Caz
    Melle Mel
    TAKI 183
CrazyLegsに捧ぐ
『Trouble Man(野獣戦争)』
2011年03月29日(火) 00:59
ごぶさたっ!みなさん毎日元気に生きてますか?活きてますか?

ってか最近海外のブランドやアーティストが今回の災害を支援する為にチャリティーのTシャツなんかを続々とリリースしてたりするでしょ?俺は日本人としてホンットにマジで涙が出る程嬉しいんですけど、中には思わず笑っちゃう様なデザイン、ありますよね。やっぱ日本だから “漢字” を使ったりするからなんだろうか、「それ日本人はプチ恥ずかしいぜ!」的な…ね。例えばコレ

ラルフローレン!わかる!痛いほど解るし嬉しい!嬉しいんだけど、それってどうよwww!
でもさ、こんな風に、日本の為に速攻で色んな人達が日本に対する思いや気持ちを “形” にし、それをまた速攻で発表し、利益を還元してくれている…燃えるよね!マジ頑張ろう!

っつ〜事で今回の作品は、『Trouble Man(野獣戦争)』 をご紹介!

カリフォルニアでダチのジミーが経営するビリヤード場に事務所を構え、私立探偵を営むミスターT。個人の探偵の割にはえれ〜羽振りがいいのはおいといて、そんな彼の元に、地元のシンジケートヤクザであるチョーキーとピートが尋ねてくる。彼らは違法なギャングルを展開していたが、何者かに邪魔&強奪されるのを何とかしてくれという依頼だった。早速ミスターTはギャンブラーとして賭博場に潜入するが…

公開されたのが1973年、つまり俺1歳ですわ。監督のアイヴァン・ディクソンがコレが映画としては処女作。ただ彼は元々俳優で、この作品撮った後もあの 『カーウォッシュ』 なんかに出演してましたよね。主役のミスターT(笑)を演じたのはご存知ロバート・フックス…といってもこの作品がブラックスプロイテーションムービーの中でも結構な良作に入ると思うし、日本でも劇場公開されてるので “ごぞんじ!” の方も多いと思いますけど、その反面彼のキャリアはほぼTVっつ〜事でも逆に映画の世界では “知る人ぞ知る” なのかもしれません。

それでもこの作品を見た!って人は少ないかも知れませんが、マーヴィン・ゲイが担当したサントラを聴いたって人は結構いるんじゃないっすか?タイトル曲“Trouble Man“ は名曲ですからね〜、実際そっちから映画を知ったって人も少なくないかも。♪ジャジャッ!…チ〜ン、タカタカタン♪!ですよwww。ただ、マーヴィン・ゲイファンからすれば、彼の歌声がフルに聴けるサントラではない(結構インスト多し)かもしれませんが、ちゃうちゃう!これぞマーヴィン・ゲイってのを再確認出来るクオリティの高いアルバムだよこれこそ!是非レコ屋で見つけたら聴いて欲しいマストな1枚ですよ。

さて、映画の方ですが、単純明快…いや、ハッキシ言えばなんのひねりもない様なストーリーが多いこの時代の作品の中で、なかなかな手の凝り様を魅せてくれてる作品です。が…まずブラックスプロイテーションムービーだからそりゃアフロアメリカンがカッコよくて強くて正義の味方で女にモテモテってのはいたしかたないわい。けどさ、幾らなんでも個人経営の “私立探偵” がこんな派手なわきゃなかろ〜に!

実際この頃の作品ってのはオープニングにごっついラグジュアリーカーでブイ〜ンみたいなバックにキャストロールみたいな始まりが多いでしょ?ま、確かにピンプ物のソレに憧れるよっか、探偵の方がどまぐれじゃないんだろうけど、実際問題ビシッとしたスーツ着てさ、いい車乗れるって身分のアフロアメリカンがどんだけいた時代だよ…つまり、こういった作品みるとホンットにブラックスプロイテーションムービーってのが時代と共に担った役割ってか功績ってのは大きかったんだなと。ひと言で言えば夢とか希望とか野望とか、勿論ひと時の楽しみも含めて、色んな思いを形にしていたんだなと思うんです。

いつもブラックスプロイテーションムービーを見る度に、俺が今の年齢で、尚且つ“リアルタイム”でこういった作品を見ていたら、はたしてどんな感想を持っていただろうか…ある意味こんだけ長い間HIPHOPやブラックカルチャーに興味を持ちつづけているからこそ、この手の作品を嫌っちゅう程“語れる”映画として見る事が出来るのかもしれない。でなきゃただの映画好きなまんまなら、なんともお粗末で退屈なB級作品だ!と一刀両断するというもったいない評価を叩きつけていただけだろう。

その時だからこそ感じたり解ったりすることもあれば、今だからこそ伝わる部分も大きい。大事なのは、ただ単に“古っ!”というひと言で片付けるのではなく、遡る事で思い描ける当時の時代背景なんかも一緒に楽しむことが出来る…それがブラックスプロイテーションムービーなんじゃないかなと。そういった感覚を持ってみるとさ、えれ〜カッコよかったり、えれ〜COOOOLだったりするもんなんだよね、ホントに。

頑張れ!東北!
頑張れ!日本!
頑張れ!世界!


Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

http://crossinsane.dtiblog.com/tb.php/235-10674e23

Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog