• 2008/12
  • 2009-01 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2009/02

RESPECT〜このブログを
   Oscar micheaux
  Paul Robeson
Spencer Williams
 Sidney Poitier
 Dorothy Dandridge
 Melvin Van Peebles
    Kool-Herc
 GrandmasterFlash
 Afrika Bambaataa
Fab Five Freddy
Grandmaster Caz
    Melle Mel
    TAKI 183
CrazyLegsに捧ぐ
『THE TUSKEGEE AIRMEN(ブラインド・ヒル)』
2009年01月23日(金) 14:51

『THE TUSKEGEE AIRMEN(ブラインド・ヒル)』

バラク・フセイン・オバマ・ジュニア… ココではこれまでオバマ大統領についてあまり触れていなかったですね。というのも語りだすと随分と長くなると思ったんです。



ただ、先日彼の就任演説を見ていた時、態々南部からやって来た人達の映像も流れ、未だに根強く存在する差別の中で苦しむ人々が、アメリカ初の “黒人大統領” に対し、どれだけ希望と夢を持っているのか、どれだけ憧れと未来を抱いているのか痛烈に伝わってきた。

そこには俺達が感じている “初の黒人大統領” という事等とは比較にならない位の思いや願いが存在し、自らが見て、聴くことによってその重大性を記憶に残したいと言う熱い情熱が迸っていた様に思えた。どっかの温泉地が便乗して「おめでと〜う!」等と喜んでる日本人では想像も出来ない “REAL” な涙がそこにはあった。

彼自身はプロテスタントだが、マルコムやキングを始めとした様々な公民権運動者達の魂、そして行動の歴史が、一つの形となった様に思えてならない。ただ、当然のごとく現在の社会情勢から行けば最も困難な0" />
時期に就任した形…国内の諸問題をどう改善していくのかだけでなく、俺らに本との関係も考えると、“フィーバー” という言葉では済まされない。

「I Have a Dream」から「Yes, we can」へ…

さて、今回の作品は『THE TUSKEGEE AIRMEN(ブラインド・ヒル)』をご紹介!



1942年、ルーズベルト大統領の意向の元、アラバマ州タスキーギ陸軍基地に集結されたアフロアメリカン。彼らはこの基地で訓練を受け、アフロアメリカン初の戦闘機部隊パイロットとなる事を義務付けられていた。しかし、彼らの教官を務める白人のシャーマン・ジョイ少佐は黒人差別的思想の持ち主で、彼らに対する風当たりも強かった。そんな中、当然のごとく落伍者も出始め、ルイス・ジョーンズの訓練中の墜落死、更にはピープルズまでも命をおとしてしまう…

第二次対戦中のアメリカ軍において、北アフリカやイタリアでの実戦にてシャレにならない戦跡(たった1機も爆撃による損失を出さなかった)を残したという第332戦闘航空群。もちろん実在した部隊であり、当然のごとくこの作品は実話を元に作られた訳です。

当時は当然のごとく “白人至上主義” の人間が露骨な人種差別を体現していた時代…それは軍においても例外ではなく、この作品でも教官が彼らに対して酷いセリフや態度を見せている。しかし、その反対にアフロアメリカンにとっては “黒人のパイロット” 等考えられない状況…あるシーンで彼らが乗った僚機が道路に不時着するんだけど、そこにはたまたま囚人達が労働作業をしていて、機内から出てきた彼らを見て、「ニ○ーじゃないか!」と驚くんだわ。そして強面の囚人達が一同に感動するんだわ!彼らの姿、いや、彼らのポジションに対して!

彼らはパイロットに成る為の訓練を経て戦争に参加し、国の為に戦う!という大きな使命以前に、“人種差別と戦う” 必要があった。肌の色だけで全ての面において “劣等” という烙印を押され、同じ意識で国を愛し、同じ意識で命を捧げているというのに平等な “権利” すら与えられなかった。しかし、彼らは実際に戦闘に参加し、輝かしい戦果を残す事でその存在を歴史に刻んだと言えると思う。



以前イーストウッドの 『父親たちの星条旗』 にアフロアメリカンの兵士達の姿が無い事に対し憤りを感じたというコメントしたところ、あるイーストウッドファンの方がブログにて俺の書き込みを引用した反論文が書き込まれた。しまいにゃ「マルコムXの映画をみるよりも、まず自伝読みなさい」とまで(笑)。

おいおい、俺の事何知ってるってんだよ…ってなもんです(笑)

それこそ、事実を元にした作品を撮る場合は、どしても映画として脚色しなければいけない部分は必要なのも確かだが、「最低限の事実」を逆に隠してしまう事は事実自体を捻じ曲げかねないという危険性を持っている。この『ブラインド・ヒル』も映画の中には実在したのかしないのかといった登場人物も存在しているが、是非見ておいて欲しい作品の一つであると言っときますですはい。

ちなみに、そのイーストウッドファンの方には、彼の書き込み全てに対してキッチリと反論・主張を返答させていただきました。(笑)


『GANG OF ROSES(ギャング・オブ・ローズ』
2009年01月17日(土) 15:05
『GANG OF ROSES(ギャング・オブ・ローズ)』

Jacob Lowrence(ジェイコブ・ローレンス)
… 俺がNYを2回目に訪れた時、ハーレムを歩いていると絵画・美術ショップがあり、「もしや!」と思って入ってみた。というのもジェイコブ・ローレンスの絵があるんきゃないかと思って。ま、そこはそういった著名な画家の作品は殆ど無かったんだけど、リトグラフとまではいわなきても、せめてポスターでもあれば購入したかったと思う。
  

もちろん今ではNETで簡単に手に入れられるんだけど、ハーレムルネッサンスの時代に活躍した彼の作品だからこそ、ハーレムで手に入れたかったんです。

さて、今回の作品は、女ガンマン達がセクシーに暴れまくる(!?)、黒的マカロニウエスタン『GANG OF ROSES(ギャング・オブ・ローズ)』です。

   

悪党一味のボスであるレフトアイ・ワトキンス(ボビー・ブラウン)は、地下財宝伝説の噂がある街を牛耳っていた。そんな中、姉を殺害された妹のレイチェル(モニカ・カローン)は復習を誓い、かつて一緒に銀行を襲った“女ギャング”時代の仲間である男好きの2丁拳銃・チャスティスティ(リル・キム)、アジア系の賞金稼ぎ・ザン・リー(マリエ・マチコ)、ナイフ使い・マリア(リサ・レイ)を集結するが…

ホンットにココ何ヶ月と辛口評価ばかりが続き、なんだかなんでもかんでも“おもろないわいっ!”としか言えないんじゃね〜の?と思ってる人もいるんでないかと思います(笑)。とんでもない!俺はどっちかっつ〜と人がつまんないとサジを投げ出しそうなB級・C級作品でも、その中で1分だけでもキラリ〜ンと光るシーンが発見できたならば、それだけで飯3杯食えるような男…ゆえに今回の作品もそんな俺にとっては十分過ぎる満腹作品となりやした!諦めかけて投げやり状態で見てみると、これが結構イケてる!なんて作品に出会ったら嬉しいっしょ?コレなんてモロそうですよ。

正直俺らの世代は“西部劇”と聞いてもピンと来ねぇし、むしろ新作の西部劇が出来ても「今更?」ってな感じになると思います。ところがソコにただ“黒的要素”が加わるだけで興味という欲求は大きく掻き立てられるのは当然…さらに西部劇にとって“当たり前”な風景やファッション、小道具やセリフなんてものまでも“COOL”に感じてくるからまぁ不思議なもんです。マリオ・ヴァン・ピーブルズの『POSSE』だって、“アフロアメリカン小隊”だったからこそのさの作品でしょ?

そういやこの作品でも、後から仲間に加わる 『モー・マネー』 のステイシー・ダッシュが絞首刑になる寸前に助けるのがなななんと超カメオ出演のマリオ・ヴァン・ピーブルズだったりする訳だ!その出演時間約2秒だぜ!な、これだけでも「ライスおかわり!」でしょ?(笑)

それにリサ・レイなんて「いや〜、なっつかし〜ですね!お〜っと、てやんでいっ!」と思わず口走りたくなるでしょ!アイス・キューブ監督作品である『THE PLAYERS CLUB(ザ・プレイヤーズ)』で主役を張った以来あんま見てなかったしね〜。それにステイシー・ダッシュがなんともカッチョイイこと!当然と言えば当然なんだろうけど、日本版のジャケにはあたかもリル・キムがピンで主役のごとく紹介されてんだけど、あくまで5人の中の1人…のチョイデブちゃんってな感じだからあしからず(笑)
   

ただね、一つだけ難癖つけさせてくれ。コレ最後の最後に進むに連れてドンドン…つまんなくなってきちゃうんだわ(笑)。ってかさ、当然最後はバンバン撃ち合って流石強ぇ〜わ!ってな感じになるのがお約束であり安心する結末じゃん。ってかそれ以外はなんだかウエスタンとしてはガッカリじゃん!…

みごとにガッカリなんですわ(笑)

あんま言うとネタバレになるけど、それぞれの登場が豪くツ強いわカッケ〜わだったのに、あっけなく死んじゃうわ、弱いわでもう…トホホです(笑)

ちなみにこの作品の監督であるジャン=クロード・ラ・マーレ(ってかもともとは俳優なんだわさ。なもんでこの作品にも出演し、リル・キムと絡んでた人(笑))はよっぽどマカロニ・ウエスタンがお好きなのか、この作品の翌年にはまたまた西部モノである 『BROTHERS IN ARMS(デスペラード・イン・ウエスト)』を撮ったりしてるんですわ。こっちの方も黒的要素十分なのでそのうちご紹介しちゃい隊!



『Planet B-Boy』
2009年01月12日(月) 14:41
『Planet B-Boy』

WAYNE“FROSTY FREEZE” FROST
NYのブレイクダンスチームと聞けば、B-BOYなら真っ先に頭に浮かぶのはやっぱROCK STEADY CREWだと思う…いや、確かに70年代後期から80年代、いや、今現在にかけての彼らの“伝説”にピンと来ない若い人達も多いと思うが、ブレイキンの歴史を語る上で真っ先に彼らの名前が出ないのは、明らかに “もぐり” である。そんなR.S.Cの古株メンバーであったのがFROSTY FREEZEことWAYNE FROST。初期の頃のあのアフロヘアーでメットも被らずヘッドスピンやったり、とにかく彼はなんとも痛快にフロアをグルグルスピンしてたよね。



残念ながら去年の4月4日に亡くなってしまったけど、“ロックステディクルーのフロスティ・フリーズ”の名は、HIPHOPの歴史にシッカリと刻まれていると思う。

あ〜、なんだかまた『フラッシュダンス』の並木通りブレイキンシーン、見たくなってきたね。WAYNE“FROSTY FREEZE” FROST R.I.P

という事で今回の作品は、世界のB-BOY達のバトルドキュメンタリーである『Planet B-Boy』でエントリイイイイイイ〜!   
  


アメリカ、日本、フランス、韓国それそれのB-BOY達が、ドイツで行われブレイクダンス世界一である 『Battle of the Year (バトル オブ ザ イヤー)』 を決める大会までの道のりを描くドキュメンタリームービー。

それぞれの “お国柄” なんて部分は踊っている背景(例えば板門店だったり通天閣だったり)からも大いに強調されてたりもするが、韓国が日本に対してかなりのライバル心をむき出しにしていたり、フランスのチビッコが母親からブレイクダンスをあまりよく思われていないコメントを出してたりするシーン以外では、それほど重いメッセージ的要素は少なく、あくまでそれぞれのダンスの特色や過程といった部分にスポットが当てられているドキュだと感じた。

要は、ちょいと前に日本でもHITした 『RIZE』 の様に、社会背景が大きく “踊る理由” に反映している様な社会的作品(?)とまでは行かない(要素はあるにせよ)…日本人はある意味こういった “日本では考えられない状況” に対し大いに興味が湧くのか、RIZEは劇場公開〜そこそこHITしたものの、この『Planet B-Boy』 が完全に蔑ろ状態であるという部分にも、ドキュとしての重さが薄かったのか…とまで思ってしまう(笑)

んなこた関係ない!スゲエもんはスゲエでいいじゃん!

改めて思うのが、ブレイクダンスという “踊り” はホンットに年々目まぐるしくレベルアップしているといいますか、この作品で彼らが見せる技術はストリートで誰もが踊れる様なレベルではない…むしろ “曲芸” とでもいいますか、尋常じゃない高さや速度を見せてくれています。

ただ、そこで思うのが、んじゃ創世記のダンスは今見ればなんともお粗末なのか???…これが全くそうじゃないのがブレイクダンスの魅力なのかもしれない。今Rock Steady CrewやNYC.BREAKERSの映像を見てもホンットに惚れ惚れするし、こんだけ沢山の凄腕B-BOYが現れても俺の中でのパウンド・フォー・パウンドでありB-BOY OF THE B-BOYはケン・スウィフトなのだから。

でもさ、36になった今でもよく言われるセリフ…「B系」

何度も何度もココで言ってきたが、果たしてこの「B系」という言葉の「B」の意味を理解している人達はどのくらいいるんだろう(笑)。世の中には「…系」が溢れている。「裏原系」、「アキバ系」、「電脳系」…そんな「系」の中の一つにカテゴライズされるってのもどうかと思うが、最近ではHIPHOP好きっぽいヤツに対して安易に使われるだけでなく、「HIPHOPっぽい格好してる奴」を表現する方法として使用されているってのが驚きなんですよね。

中には自分で自分の事を「B系」と表現する奴もいるけど、そんな時は必ず俺言うようにしてます

「へ〜、んじゃちょっとエントリーからフリーズまで、踊ってみ?」
(笑)



2009年01月10日(土) 23:08
『OUR TURN(ドラッグスター)』

ベッシー・スミス
みなさんは『ブルースの女帝』と聞いて誰を思い浮かべますか?俺自身イマイチピンとくる世代ではありませんが、大よそ “淡谷のり子” と答える人が多いと思います。といっても実際淡谷先生(?)がどんな歌をどんな風に歌ってたかってのは良く知らないってのも現状…でもね、俺は 『ブルースの女帝』 と言えば、先生(?)よりももっと時代的に古い人を真っ先に思い浮かべるんです。 それがベッシー・スミス、正真正銘の『ブルースの女帝』 です。

1920年代から活躍し、成功を収めた彼女をリスペクトするアーティスト達は数多く、ビリー・ホリデイやノラ・ジョーンズ等も大きな影響を受けた1人。

機会があれば是非彼女のアルバム 『Empty Bed Blues』 聴いてみてください!

っつ〜ことで今回の作品は、今年最初に見た黒的電影である 『OUR TURN(ドラッグスター)』 いってみましょう!
     

かつて相方だったディオンがヤクの売人だった過去がばれ、レーベル契約を解消になったウェスリー。ディオンは職にも就かず与太っていた為に、妊娠が発覚した彼女の両親に嫌われ、中絶すると告白される。一時は足を洗ったドラッグの世界だったが、“稼がなければいけない状況” におかれた彼は…

なんだか雰囲気的にはこの手の作品のお約束中のお約束であるラッパー志望&ギャングスタ系の作品かなと思いきや、確かにそのテイストは大きいものの、ストーリーの軸にはアメリカの深刻な生活状況や社会情勢が存在している…なんて書けば少々オーバーだが、大学中退や親の離職、学生妊娠と、2年前の作品とは言え現在ニュースを見れば毎度のごとく報道されている不況の波をモロに喰らった状況が垣間見れる。
     

がしかし…いかんせんストーリーにまとまりがないというか、ココで盛り上げるべきポイントみたいな部分が無いってのがな〜、グタグタな感じになっちゃっております。

あ〜、新年一発目がこれじゃ〜イマイチ幸先悪ぃ〜感じもありますが、とりあえず今度の休みに。『CHEチェ 28歳の革命』 でも見に行って、気合を入れてきたいと思っている今日この頃でございます…

でもさ、やっぱ映画は1人だね!とか言ってた俺だけど、一緒にポップコーンを食べてくれる様なフライガールが恋しくなってきたのも事実だわな(笑)



『BAIT(ワイルド・チェイス)』
2009年01月02日(金) 14:36
『BAIT(ワイルド・チェイス)』

新年、明けましておめでとうございます…ですハイ!

いや〜、2009年始まっちゃいましたね〜!予告どおり昨日の晩に初詣を済ませた俺は、これまた予定通り飲んだり喰ったり寝たりのダラダラした元旦を過ごしていた結果、元旦更新を怠ってしまうという幸先イマイチなスタートとなってしまいました(笑)。

ただ、それでも元日の午後には既にレンタルショップに行って3時間もかけて年末にチェキれなかったB級C級(笑)作品をDIGってくるという気合は発揮してきました!

ロクな作品なかったですけど(笑)


2008年はブラックムービーで言えばなんとも寂しくもイマイチな年であった様に思うだけに、今年はもちょっとメジャーな作品や、後世に残る様な名作が出てきて欲しいと思いつつ、ココをしっかりと継続していく所存…改めて皆さん今年もヨロシクです!

っつ〜事で今年一発目の作品は、ジェイミー・フォックス主演の 『BAIT(ワイルド・チェイス)』 …え?何故って?意味なんかまったくもって無いっす(笑)

   

倉庫からエビを盗んで捕まると言う何とも情けない男アルビン(ジェイミー・フォックス)。ところが、ムショに入れられた彼が監房で一緒になった男が心臓発作で亡くなってしまう。その男は無くなる直前にアルビンにある事を頼む…というのも実はこの男、米連邦銀行からシャレにならない大金を強奪した2人組みの内の1人だった。この事件を担当していたエドガー刑事は、2人組の内のもう1人の行方を追う為に、アルビンの歯に探知機を埋め釈放…彼の行く先を徹底的にマークするが…

ん〜、なんとも微妙なのだがテーマっちゅうか根本にあるストーリーはメタメタにシリアス路線…しかし、作品全体からはコメディとまではいかないまでもかなり砕けた雰囲気も感じられる。ハラハラドキドキ感をもちつつも、そこまで緊張できない…丁度展開的にはウィル・スミスの『エネミーオブアメリカ』 っぽいといいますか、そんな感じだと思った人も多いはずじゃないっすか。

ただ、俺的にはここ最近アカデミーも影響してか、随分とシリアス路線に自分のキャラを定着させ、演技派としての地位を確立しようとしている様なジェイミーに若干の違和感を感じているだけに、こういった作品を見直すってのもとってもいい事だとおもいます。だってそれまではかなり砕けた…といいますか、オバカな作品への出演多かったじゃないっすか!しかもそれが彼の魅力ってのを引き出してたってかさ、ま、ふり幅として当然のごとくシリアス路線も出来ないとダメってのはわかるけど、ウィル・スミスみたいにどっちも “やってます” 的な方がエンターティナーだと思うんですわ。

   

…ま、んなことにカリカリするって人もそうはいないかもしれませんけど(笑)。ってかさ、モノホンのジェイミーファンならこの作品はともかく、なんだかんだでこの手の肩肘張らずに見れる作品ってのがやっぱ大好き!って人、多いでしょ?

ある意味こういったタッチの作品が量産されるくらいが俺らファンにとっては充実してるのかもしれない。だってココ最近の量産ってどれもこれも似たような“オリジナルギャングDVDムービー”ばっかでしょ?

でもそんなモノもキッチリと見て、キッチリとココで紹介する…THIS IS 俺!(笑)


Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog