RESPECT〜このブログを
   Oscar micheaux
  Paul Robeson
Spencer Williams
 Sidney Poitier
 Dorothy Dandridge
 Melvin Van Peebles
    Kool-Herc
 GrandmasterFlash
 Afrika Bambaataa
Fab Five Freddy
Grandmaster Caz
    Melle Mel
    TAKI 183
CrazyLegsに捧ぐ
『Welcome Home, Roscoe Jenkins』
2008年08月22日(金) 01:18
『Welcome Home, Roscoe Jenkins』

USA FOR AFRICA … マイケル・ジャクソン、スティービー・ワンダー、ブルース・スプリングスティーン、シンディ・ローパーといったアメリカのビッグスター達がアフリカ飢餓救済チャリティーの為に終結し、WE ARE THE WORLDという世界的ビッグヒットを飛ばした夢の競演ですよね。丁度俺は中学生になったばっか位の時でしたが、個人的にはこっちよっかイギリス版である “バンド・エイド” の方が好きだったのを思い出します。

んで、何やら今度はMariah Carey、Beyonce、Mary J. Blige、Ashantiといったアメリカを代表するディーヴァ15人達が、ガン研究のためのチャリティーシングル「Just Stand Up」をリリースするらしい。アメリカのテレビ局:ABC、NBC、CBSが同時放送する特別番組でパフォーマンスするらしいんだけど…見たいね〜なんとも!ちょいと彼女達ががんばればとんでもない金額が集まり、それが今後のガン研究に役立つってなもんなら、ドシドシ歌ってもらいたいもんです。

さて、今回の作品は、マーティン・ローレンス主演の『Welcome Home, Roscoe Jenkins』ですハイ!

   

大人気トーク番組の看板司会者であるRJスティーブンス(マーティン・ローレンス)。彼は知名度・人気だけでなく、同じ業界人である美しいTVスターのビアンカ(ジョイ・ブライアント)と婚約…正に順風満帆な毎日を送っていた…(ま、RJには1人、息子がいるんだけど)。そんな彼が、両親の結婚50周年記念の為に、故郷である南部ジョージアに里帰りする事になる。都会での成功を手土産に、色々と自慢をしてやろうと張り切るRJだったが…

久々に会う親子…しかしそこにデレデレモードなど微塵も存在しない(笑)

日本でも同じような事が言えるかもしれないが、“田舎には妙な飾りっ気など全く存在しない”。感情や表現がダイレクトでありモロだ(笑)。この作品も、都会から故郷(こと南部という土地柄であるが故に尚更)のギャップが様々な形で描かれている。極端に言えば、犬1匹でさえ、南部育ちは南部育ち…ワイルドかつ自由な雰囲気がバリバリだ(笑)。

もちろんマーティン・ローレンス主演作という事もあり、それなりの笑いの要素を期待して見るのは当然…この作品だってカテゴリーは“コメディ”である事に間違いは無い。が、とにかく出演者のメンツを見ればシャレにならない豪華さなのである!っていうか、コメディ作品ではそれぞれが主役を脹れる役者達が勢ぞろいとなっているんです!

   

親父役には大御所のジェームス・R・ジョーンズ 、 ヒロインには『ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン』のジョイ・ブライアント 、 『グリーンマイル』でおなじみのマイケル・クラーク・ダンカン 、 この手のコメディ作品には欠かせない顔になったマイク・エップス 、 『ファットガール』のモニークもいれば 、 極めつけは作品の中盤から『ブルー・ストリーク』に次いでのマーティン・ローレンスとの競演となったニコール・アリ・パーカーを引き連れてド派手に登場するセドリック・ジ・エンターテイナーまで!

家族皆が集まって、クックアウトやりながら昔話に花を咲かせたり…ってなシーンが多いだけに、“ベシャリ” が重要になってくるが、中でもモニークは良い味出してた様に思う…シャベりまくるし、殴りあうし、風呂覗かれまくるしの大活躍!(笑)…ただ、その反面これだけの豪華キャストにも関わらず、強烈な個性を相変わらず見せ付けたのは彼女くらいのもので、後はなんだか寄せ集め的感覚になっちゃったのも正直否めない。

ま、唯一野球のシーンや、犬のS○Xシーンに関しては、お約束中のお約束ギャグという感じで、「コメディならこういう部分もなくっちゃね」と唯一ホッしたシーンでした(笑)

 アフリカ系アメリカ人家族のマイペースな日常は、いつでも心温まる笑いを提供してくれる。ありがちな家族大集合の話を、ありがちなローレンスが引っ張っていることで、特に目新しさはないけれど、派手なケンカ&深い愛情が感じられるファミリーコメディーが好きな方には○。

サントラには最後の最後で流れていたホイットニーの『Saving All My Love』 ももちろん収録されていますよ。



『MISSISSIPPI BURNING』
2008年08月16日(土) 23:15
『MISSISSIPPI BURNING』

森伊蔵 … 今回はちと黒的なオープニングではないのであしからず(笑)。興味が無い人にはなんのこっちゃわからないだろうけど、この『森伊蔵』っちゅうのは1本4万円位する程の値が付いてる、超が付くほどのプレミアム“焼酎”。こいつを本日飲む機会があり、一体どんな未知の領域の味わいを体験させてくれるのだろうとワクワクしながら口に運んだ訳!

「?????………んんんんん〜むうう………」

あくまで味覚や好みってのは “ひとぞれぞれ” であって、正解も不正解も無く、その人が「美味い!マズい!」と思う感情そのままでいいんだよね。そんな部分から言えば、この超が付く程の高価な焼酎、俺的に言えば「ひょええええ〜!1000円前後で買える焼酎でもスンゲエ美味いのもゴロゴロあんのに〜!」ってな感想でした(笑)

でもね、思うんだけど、各ジャンルの最高峰を知ったというだけで、あたかも “極めた” 的な感覚になっちゃう自惚れ野郎もいたりしますが、その最高峰を構築する底辺からジワジワ攻めていくからこその “奥深さ” や “面白さ” を楽しめると思うんです。ブラックカルチャーやヒップホップだってそう!

っつ〜事で今回の作品も、そんな歴史のテキストの一角にもなるであろう 『MISSISSIPPI BURNING』 をご紹介…ってかさ、400本以上も紹介してるってのに、この作品をまだ紹介してなかったってのがさ、ブラックムービーって深ぇ〜と改めて思いますですハイ(笑)

    

1964年、ある晩に公民権運動家が失踪するという事件が起きる。捜査に乗り出したルパート・アンダーソン(ジーン・ハックマン)とアラン・ウォード(ウィレム・デフォー)だったが、予想以上に人々は頑なに口を閉ざし、焼き討ちやリンチなどの事件も更に発生し、捜査は難航する。そんな中、地元の保安官スタッキー(ゲイラード・サーテイン)達が事件に関与しているという情報を得るが…

    

物や行為、場所や方法だけでなく、人間としての“権利”や“主張”にさえ “白人と有色人種” に完全な差…いや、“差別” が露骨に存在していた時代。南部連邦の軍人であったネイサン・ベッドフォード・フォレストにより組織されたKKK(クー・クラックス・クラン)。この“元奴隷商人”が更に“南北戦争”という自分の思想や主義にとって思わしくない結果を残した戦争後、一気にスパークしちまったのか、その後アメリカ全土に住むアフロアメリカンやその他の有色人種に対し、白頭巾と焼き討ち、リンチなど、恐怖と絶望を抱かせる組織を立ち上げてしまった訳です。

KKKを題材にした作品も結構存在しますが、KKKにモロにスポットを当てるのではなく、事件を追っていくうちにその異常なまでの存在意義が明確になっていく今作の様な内容の方が、よりKKKがどんな組織であったか、又、彼らアフロアメリカン達に対し、国に対し、そして時代に対し、どの様な影響を及ぼして言ったのかがよく解る内容であると思う。

何処で何をしていても激しい重圧と孤独感、身の危険や恐怖を感じ、真実や主張を無理矢理自らの奥底に隠してしまわなければいけない…常に “死” に直面しているからこそ

統一組織としてのKKKはとうの昔に崩壊したにも関わらず、その過激で歪んだ極右翼思想を持つ人間達によって、KKKの活動はいまだに存在する。もしかしたら、何処かであの忌まわしい “炎の十字架” が誇らしげに掲げられ、その片隅で途方に暮れつつ涙する人がいるのかと思うと、心が痛む

   




2008年08月15日(金) 00:32
『WATTSTAX(ワッツタックス/スタックス・コンサート)』

とにかく色々と忙しくって、なかなかタイムリーな話題にいち早く触れる事が出来なくってすんまそん。まぁ、楽しくて嬉しくてワクワクしてドキドキする様な話題であれば、特別タイムリーでなくってもじっくりと語りたいもんですが、前回のバーニー・マック同様、こちらの訃報も俺にとってはなんとも悲しいものでした。

アイザック・ヘイズ死去…

GEE-Q POSSEのYOKOもコメントで触れていましたが、8月10日、テネシー州メンフィスの病院で亡くなりました。65歳…まだまだ!って歳じゃん!

もうなんだかホントに今年の8月は俺ら黒キチにとっては辛い夏になっちゃいそうです。今回は彼に対する追悼の意を込めて、『WATTSTAX(ワッツタックス/スタックス・コンサート)』を紹介させて頂きます。

   

1972年8月20日、俺がこの世に生まれる2ヶ月程前にLAのメモリアル・コロシアムに10万人という観客を集めて行われた伝説のライヴ。その名の通り、ソウルミュージックのレーベルであるスタックス・レコード所属アーティストが“無償”にて参加、観客の入場料はたった1ドル。そう、このライヴは単なる音楽の祭典ではなく、ブラックコミュニティやブラックカルチャーをリスペクトした、“アフロアメリカンの主張”の場だった様に思う。この作品自体も単なるライヴドキュメントではない…むしろ参加アーティストの白熱したライヴを期待する人達にとってはなんとも小難しく、なんとも消化不良的に感じるかもしれない。実際には6時間にも及んだライヴであったにもかかわらず、人気コメディアンであるリチャード・プライアーをストーリーテラーとして、ワッツの大暴動から数年たった彼らの主張や生活等にスポットをが当てられ、より政治色の強い映像となっている。

同じような野外の伝説的ライヴと言えば真っ先に“ウッドストック”を思い描く人は多いだろう。実際このWATTSTAXも “黒いウッドストック”等と呼ばれている。がしかし、あくまで音楽、そして平和といったテーマの下に開催されたウッドストックに比べ、ジェシー・ジャクソンの開幕宣言や利益のワッツ・コミュニティへの寄付等、当時の世相をも感じ取れる…いや、感じ取るべき貴重な映像が続く。

スパイク・リーが監督した『モハメド・アリ かけがえのない日々』が、アリvsフォアマンの“キンシャサの奇跡”にスポットを当てつつも、試合そのものよりはアリやフォアマンサイドの状況や試合が決まったザイールの情勢や国民の思想・政治的側面にスポットを当てた様な作品であった様に、この作品もメッセージ色が極めて強い内容となっている。音楽を楽しむと言うより、ワッツ暴動から人々がどう考え、どう思い、どう変化し、どう未来へ向かっているか…そういった部分を“知る”上で大変貴重な映像資料であると思う。

又、肝心なライヴの方もステイプル・シンガーズ、ルーファス & カーラ・トーマス、バーケイズ、ウィリアム・ベルといった専属アーティストはもちろん、大トリに登場するのがアイザック・ヘイズな訳だ!当然 『シャフト』 もやっちゃったりして盛り上がり度合いも最高潮なんだわさコレが!

アイザック・ヘイズは、アーティストや作曲家としての一面だけでなく、スクリーンにも数多く登場している。ココではまだ彼の作品にスポットを当てることが少なかった様に思うが、これからちょくちょく、彼の遺作をピックアップしていこうと思う、ただ、決して“彼はもう亡くなっている”等という言葉は使いたくない…カッコつけている訳でもないが、彼はブラックミュージック史上、決して忘れられない巨星であったから。

メンフィスと言えば当然エルヴィスなんだろうが、今年から俺にとってのメンフィスは改めてアイザック・ヘイズなんだよ!

Isaac Lee Hayes R.I.P
       

『Who's the Man?』
2008年08月12日(火) 00:16
『Who's the Man?』

バーニー・マック … 遂に開幕となった北京オリンピック!次々と競技が開催される中、色んな意味で波乱が起こってますわな(ちなみにボキは“オグシオ”で言えば断然“オグ”がタイプです)。そんな中、内柴の金メダル獲得という嬉しいニュースも飛び込んできたりして、思わず「ニュモオオオ〜ン!」と歓喜の雄たけびをあげたのもつかの間、後頭部を鈍器の様な物で殴られた様な衝撃と落胆、深い悲しみに包まれる信じられないニュースも飛び込んで来た

バーニー・マック死去…

信じられねぇ…まだ50歳だぜ。肺炎で入院していたんだけどそのままま帰らぬ人となるなんて…マジで信じられねぇ。
一応、バーニーマックを知らない人達の為に軽く説明させて頂くと、人気シリーズである『オーシャンズ11』から13まで全てに出演。キャメロン・ディアス主演の『チャーリーズ・エンジェル』にもチャーリーとして出演し、ごくごく最近ではあの『トランスフォーマー』でも中古車屋店主を演じていたあのお方。

基本的にコメディアンである彼…こと映画の世界に脚を踏み入れたのが俺も大大大好きな作品『Mo' Money』。そしてその翌年には前回紹介したドクタードレ&エド・ラヴァー関連のこの作品『Who's the Man?』に出演してるんです。

     

50年というあまりにも短い生涯の中で、彼が出演した作品は40本にも満たないが、やっぱり個人的に一番 “彼” という男の本職的な部分を強く感じる事が出来るのは、スパイク・リー監督の『The Original Kings of Comedy』 だと思う。同じコメディアン仲間として舞台に登場するセドリック・ジ・エンターテイナーの様に、“主演作” が少ないが、主役を喰ってしまう存在感やキャラは、ブラックアクターの中でも屈指の人物だった…でもさ、やっぱり彼はスクリーンよりも舞台の方がホームだったと思うし、シリアスで“魅せる”彼よりも、コメディで“笑わす”彼の方がずっと俺は好きだった。

マシンガントークの中にも絶妙な “間” を持ち、そこでは必ずあのギョロ目で凝視(笑)。言語や週間・風習が100%理解できなくとも、観る物全てを笑いの渦に巻き込む魅力が彼にはあった。た
だ残念なのが先にも述べた様に 『Mr.3000』 の様な完全“主演作”が少なかった事…クレジットに彼の名前があるだけで、「今度はどんなキャラで登場し、どんなギャグで笑わせてくれるんだろう!」といった期待感が否応無しにも膨らんでいた俺にとっては、どんな形であれもっともっと彼の元気な姿を見て痛かっただけに、今回の訃報はショックでならない。

なんともいたたまれなくなった昨晩、何故か『The Original Kings of Comedy』ではなく、『Who's the Man?』を見直した。冗談抜きで涙がドバドバ出てきた。でも彼が残した作品達は、この先もずっと俺の中ではヘヴィローテーション…これから毎年彼の命日には、芋焼酎でも飲みながら、彼の作品をじっくりと堪能していきたいと思う。

キング・オブ・コメディ、バーニー・マック、R.I.P

   



『Bahama Hustle(120hrs ワン・トウェンティ・アワーズ)』
2008年08月07日(木) 17:59
『Bahama Hustle(120hrs)』

Dr.Dre … いよいよ彼の新作が今年の年末くらいにリリースされるんでね〜かなっつ〜話が業界で盛り上がっている。そりゃそうさ、自身のアルバムよりも他のアーティストのプロデュースで目一杯忙しい彼だし、またその仕事がガンガンにHITを飛ばしまくっているミリオン製造機の様な人物だもんさ。いやいや、真面目な話、あのワールド・クラス・レッキン・クルーのあの男がHIPHOP業界でコレほどまでの大物としての地位を築くなんざ予想も出来ませんでしたよね〜。

とにもかくにもニューアルバム 『Detox』 心して待つと致しましょう!

さて、今回の作品はその(?)ドクター・ドレがプロデュースに名を連ねた作品『Bahama Hustle(120hrs ワン・トウェンティ・アワーズ)』をご紹介!

   

音楽の世界で成功する事を夢見るクールとエースのコンビ。しかし、むやみやたらに契約して“業界に踊らされる”事を嫌う2人は独立か・契約かで頭を悩ませていた。そんな時、ひょんな事からおいしいメジャーデビューの話が舞い込み、すっかり舞い上がった2人は借金をしてまでも契約を交わすが…

え?何かおかしい?そりゃそうだ!

まず言っときますけど、冒頭で紹介した、新作が発売間近のモンスタープロデューサーである元NWAの“Dr.Dre”とこの作品は全く持って関係ない!がしかし、この作品のジャケにはドデカく “ドクター・ドレとエド・ラバーが!!” なんて事が表示されてるんだわさ…そりゃさ、間違いじゃね〜よ、でもさ、こんな表示の仕方されちゃうと、あたかもDr.Dreが絡んでる様に思う人だっているじゃん!英語表記は“Doctor Dre”だもんよ!別人だっちゅう〜に(笑)

HIPHOPに関してソコまで入り込んでない人達にちっちゃ、Dreっつったら真っ先に思い浮かべるのはアンドレ・ロメル・ヤングの方であって、アンドレ・ドクター・ドレ・ブラウンの方なんて知らね〜だろうよ!ま、もちろん、古いヘッズにとっちゃ『MTV RAPS』の司会でもおなじみの彼らだし、アルバム 『BACK UP OFF ME!』 を聴いてる人も多いと思う。だからこそな〜んだか “こんな感じの売り方” ってのはあんま気持ちいいもんじゃないっつ〜か、それこそDr.Dre絡みを期待した人にしてみれば「つ、つまんね〜」っていう感想で終わっちまう可能性大な作品なんだもん(笑)。態々4年間の作品をあえて今頃リリースするくらいなら、もっともっとリリースすべき作品が山ほどあるっちゅ〜に!

   

とまあ、この手の作品らしい酷評のオンパレードとなっておりますが、まずオリジナルビデオっぽく全体的にチープな感じが満載で、最近よくレンタルショップで見かける “一連のC級黒人作品” の域を全く突破できていないごくフツ〜な作品なんですわ。ストーリーもよくある業界トラブルにチョイとしたコメディ要素を織り交ぜてはいるものの、グタグタ感は否めず、なんともま〜雑なつくりといいますか…(笑)

ほんとにどっちかっつ〜と原題どおりの『バハマ・ハッスル』って感じの作品を、無理矢理 『120hrs(ワン・トウェンティ・アワーズ)』 なんつ〜どことなくサスペンスチックな雰囲気を想像させる様なタイトルに変えちゃうってのもな〜…もう慣れちゃいましたけど(笑)

となるともう楽しみはブラックビューティー1本に絞れてくるんだけど…こっちの方もなんつ〜か中途半端でさ、ホント見終わった瞬間に「またか…」と途方に暮れたくなるんだわな(笑)

でもさ、わかっちゃいるけどやめられない。そいつがジャンキーとして、そして“根こそぎQちゃん”としての使命感なんだわさ(笑)


Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog