• 2017/02
  • 2017-03 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/04

RESPECT〜このブログを
   Oscar micheaux
  Paul Robeson
Spencer Williams
 Sidney Poitier
 Dorothy Dandridge
 Melvin Van Peebles
    Kool-Herc
 GrandmasterFlash
 Afrika Bambaataa
Fab Five Freddy
Grandmaster Caz
    Melle Mel
    TAKI 183
CrazyLegsに捧ぐ
『40』
2013年10月18日(金) 11:15
ドモドモ、んじゃ行きましょうかね!

今回ご紹介する作品は『40』でございます。

ムショに入ったり出たりをくりかえして15年になるメティンは、タクシードライバー兼運び屋。彼は女といちゃついたあくる日に、ボスから預かった現金入りのバッグを無くしてしまう…。また一方で看護師のゼウダは既婚者でありながら何かと鬱になり数秘学ってヤツにドップリで『40』という数字が自分の運命の数だと信じていた。そしてもう一人、ナイジェリアから来たゴッドウィルはガキの頃から好きだった女に会うためにせっせこせっせこ働いてお金を溜めている真面目っ子ちゃん(っつってもおっさんだけど)。彼らが、メティンが無くしたバッグのせいで、ジワジワと交叉していくが…

狂言回し的ストーリーってのは簡単に説明するのが難しいですねホンットwww。

さて、この作品で真面目っ子ちゃんおっさんを演じてたのがンタレ・グマ・ムバホ・ムワイン。聞きなれないっつ〜か知らない人も多いと思いますけど、レオナルド・ディカプリオ主演の『ブラッドダイアモンド』に、ジャイモン・フンスーの陰に隠れて出演してたりしてましたねwww。俺が見た作品ではこの『40』が一番彼にとって出番が多かった作品なんじゃないかなと思うんですけど。特別な個性も存在感もある訳じゃないからこそ、こういった役がピシャリとハマるんじゃないかなと思います。

この作品、パッと見はフランス映画っぽい造りなんすけど、トルコ映画です。んでもって舞台は“飛んでイスタンブ〜ル”っつ〜事で、いい感じにその土地の風景や雰囲気が画面から感じられます…っつかね、正直ザックリと言えば、イスタンブールでなきゃさほど真新しさを感じる事もないルーレットムービーといいますか、一つの接点を巡って3人が交わってって…ってな感じ、よくあるでしょ?

でも逆によくあるっつったってこの手の作品ってそこそこ飽きもしないし、そこそこ期待も出来るでしょ?この作品もそういった部分では十分満足出来る内容なんすよ。テレビで何気に流れてるニュースが関係して来たり、ダーティーなイメージが浮かばない様なイスタンブールって街であえて汚したストーリーの舞台にしたり、そこそこスリリングなんすよ。

それに、主要3人が絡んでいく様が、結構強引というかハッとする様な感じなんだけど、だからっつってその後も力技でゴリ押しし、結果しらけちゃうって感じでもないんです。それにね、ネタバレになっちゃうかもだけど、“救いようがないラスト”ってのもある意味お約束っちゃお約束にしろ俺的にはシックリ感がありましたね。だってそうでしょ?欲に駆られた人間達が最後もハッピ〜なんて“罰があたります”wwwww

実際、ゼウダのいう『40』って数字がその後も重要に絡んでくるんですけど、やっぱ脚本がしっかりしてるんでしょうね、正直あんまり突っ込み処も少ない良作です。

が、逆に言えばもう一盛り上がりが欲しい飛びぬけた何かってもんが無かったのが惜しいかな。

『The Mortician』
2013年07月24日(水) 09:19
少し間があきましたね〜…忙しいんですホントに!
明後日からまた福岡〜岡山〜大阪〜東京と横断の出張になりまふwww

そんな中でも無理矢理更新!っつ〜事で今回の作品は『The Mortician』をご紹介!

気弱で寡黙な男の職業は死体処理係(役柄が出てこないんだもん、名前わかんないんです)。街のボス的存在のカーヴにはいつもビクビクしている様な男だった。ある日1人の女性の死体が運ばれてきて、処理の為に体を洗い流すと見事なヴィーナスのタトゥーを見た彼は驚きを隠せず、そんな中1人の子供が彼の元にやってくるが…

はい、ウータンクラン大好きっ子ちゃん倶楽部会員としては嬉しい作品でございます。っつってもさ、メス主演なんだけどこれイギリス映画なんすね〜。正直、皆さんはどうか知りませんけど、個人的には彼と赤男共演の『HOW HIGH(ビーバットボーイズ)』を全然好きになれない訳でして、なもんで尚更次はたのんだぞウインダム!という気分になるんですね〜メスの作品に関しては。

んでコレなんすけど、絶賛!とまではいかないんですが、好きですね〜こういうテイスト!根がクソみたいに明るいもんで、たま〜にこんな風に超ダークな雰囲気もまた新鮮といいますか、もっと言えばメスの役ってのが彼らしくないんです全然!そこがまた先入観を取っ払ってくれるというか、ラッパー・メソッドマンじゃなくストーリーを追うことが出来るってな感じがします(ま、その反面いつものメソッドマンじゃないので違和感もありありなので、そっちの感情は無理やりかき消す必要がありますWWW)。暗いわ弱いわ変わってるわで、しかもそういった役を絶妙に演じてるメスがまた違った意味でカッコイイ!これは50と比べるのもアレだけど、役者としてはずっと上手だわ!弱っちいキャラなんだけど、そのシャットダウンぶりはともかく、スーツ姿がハマっててカッコいいんですマジで。

さて、作品ですけど実は劇場公開時は3D作品としての公開だったらしいんですけど、こればっかは「なんでやねんっ!」って気がします。全然3Dに拘る意味が無かったっすね〜。

趣味は動物の標本造り、職業は死体処理…もう何か背負ってる感バリバリなんだけど、その過去ってのが1体の死体によってどんどんフィードバックされてくんですが、そんな彼が唯一心を開いている相手が娼婦であるエヴァ。演じたのはデイナ・ヒュークスって女優さんなんだけど…ん〜萌え度は低しWWW。ただね、この作品にはあのエドワード・ファーロングが出演してんですよ、『ターミネーター2』のサラコナーの息子役だったあいつ!あれがなんだか知らないうちにおっさんみたいに成長しちゃってそれもまた驚きでしたわWWW。

とにもかくにもこの位のクオリティ、そしてこの位のハマリ度を見せられたらなんだかんだで次の作品にも俄然期待が持てる訳です。要はアレだ、メソッドマンはそのキャラを活かす…ではなく、あえて演技派を欲張ってみるのも悪くないんじゃないかなと。そしたらさ、今はまだそこまで感動系やシリアスタッチ系に力入れてないであろうキューブに映画というジャンルで猛追出来るかも…ってのはちょっと早すぎるかWWW。でもそんな俳優としての可能性を存分に見れる作品ではあると言えますハイ。

ただ、この手の作品が日本のメディアで取り上げられたりすることってないだろうな〜と思うし、何度も言うけどタイラーペリーでさえほぼ日本じゃ無名に近い訳だからね。なんだかんだで興行収入や作品の規模、製作費なんてもん度外視しても、映画産業全体として見て日本はハリウッドにどんなに頑張ってもいつまでたっても追いつけない…だから中国にさえ抜かれちまうんですわな。

はい、愚痴っ!www
『MAFIA』
2013年07月10日(水) 00:44
はい、今回もいきなしですけどアムロ、行きま〜す!!!

っ津〜事で紹介する作品は、パムです!『MAFIA』でございます!

超が付く程久しぶりにTSUTAYAに行きまして、前々から早く見なきゃと思ってた2本を借りたんですが、それがこの1本なんすけどね。ま〜、ボクちゃんみたいなジャンキーから言わせてもらえばジャケットだけでもおなか一杯な訳ですよ。だってパムがアフロですよ?もう否応なしにアドレナリンがビュンビュン分泌される訳ですよ俺なんか!っつ〜事で久しぶりにウキウキしながら帰宅した訳です

…でもね…

全体の雰囲気からしてバカみたいに喜んでばかしもいられない感はもちのろんであった訳です。時間は短え〜わ、金かかってなさそうだわ、もっと言えば「これってパムどの位のポジションで出演してんの?」ってな感じのマイナススメルもプンプンだった訳でして…。

結果その嫌な予感が見事的中!作品的にはなんともつまんないもんでしたよホントに。それよりも何よりも、女王パムの“衰えっぷり”ってのがハンパなくってね。作品の舞台が70年代って事でアフロなんだろうけど、これはね、俺は大大大ファンだからあえてモロ本音で言わせてもらうけどさ、単なる太ったおばちゃんにしか見えなかったんだよマジで!これはね、加齢に伴って色んな部分が衰えたって事は仕方ないですよ、あのジャッキーさんでさえ年取ったな〜と思いますもん。でもね、それよりもなによりもこの作品ではパムの“起用法”ってのにそもそも問題があるっつ〜かですね〜!!!

だってさ、全盛期のパムを見てる俺らにしてみりゃQTの「ジャッキーブラウン」ですら「あ〜パム歳取ったな〜」って正直思った訳ですよ、ぶっちゃけスゲエ太ってたし。でもね、あの作品のパムは、全盛期のパムとはまた違ったハンパないオーラと超COOLな雰囲気をプンプン漂わせてたじゃないっすか!なもんで歳食ったな〜って感想の後に「でもやっぱパムはパムだな〜!」ってのが付け加えられる訳ですよ!それだけ思い入れを持って起用したQTの力量は素晴らしかったっつ〜事なんすよ。

でもね、俺は思いました、パムはあのジャッキーブラウンで女優としてのキャリアに一区切り打ったんだなと。確かにあの後も完全復活とまではいかないにしろそれまでとは違ってちょこちょことスクリーンで彼女の姿が見れる様になりましたが、やっぱり元々はデンとして主役をはってた人…やっぱりチョイ役じゃ寂しいし、かといって彼女の魅力を今この時代でも存分に引き出せる監督が彼女を起用して1本撮りたい!って人、あんまいないでしょ?

とにもかくにもこの作品のパムは正直キャラとしての魅力はもちろん、ストーリー的にも全くと言っていい程どうでもいい割にはちゃんとした役ってのもなんか残念バイバイゲームになっております。

でもね、こんだけ言っておいて最後にそれかい!と言われちまいそうですが…

それでも俺はパム・グリアをずっと見ていたいんですwww

PS ちなみにこの作品、主役はあくまでヴィング・レイムスですからwww

『ALEX CROSS(バーニング・クロス)』
2013年05月15日(水) 00:04
っつ〜ことで今回はバッタバタなもんで早速いきます!

今回ご紹介する作品は、ハードボイルドな“タイラーペリー”の『ALEX CROSS(バーニング・クロス)』でございやす!


いやいや、思ったよりも早く…といいますか、よく日本語版DVDがリリースされたなと嬉しく思っております。だってさ、あんだけ本国アメリカでの人気や認知度ってメッタメタ高いっつ〜のに、日本でタイラー・ペリーの名前を知ってる映画ファンってまだまだ少ないでしょ?っつか全然でしょ?実際のトコ、ここでも紹介したジャネットの『WHY DID I GET MARRIED TOO ?』が『理想の夫婦のつくり方』なんつ〜ダサダサな邦題でやっとこさっとこリリースされてたのがついこないだでしょ?後はちょっと前に話題になったガボレイ・シディベ主演の『プレシャス』の製作総指揮の1人としてクレジットされた位でしょ?そんなんいちいち皆が知ってるわきゃないっつ〜に!

そうよ!マディラのマの字もない訳ですよ日本じゃ!

んでもって彼が本格的にワントップとして主演してる作品がコレ…モロにシリアス路線で初めてタイラー・ペリーの事、この作品で知った人ってゴツい中年のシブめの俳優…ってな感じの印象しか持たないんじゃないかなと、なんだか笑えてくる訳です。ま、タイラー・ペリーの作品はこれまでココでも結構な本数紹介してきたんであえて今回はこの作品についてだけ…で行きますんでwww。

さてこの作品、原作はジェームズ・パターソンのクライムサスペンスなんですが、彼の作品はこれまで『コレクター』、『スパイダー』と映画化され、主人公であるアレックス・クロス刑事を2本ともモーガン・フリーマンが演じてました。んで2代目としてタイラー・ペリーに白羽の矢がたち、監督にアフロアメリカン主演作品としてもいくつもHITを飛ばしてるロブ・コーエンを迎えて製作された訳ですよ、そりゃ〜もう製作段階でワクワクもするじゃないっすか…

…これがね〜、正直イマイチなんすよwww、いや、全然だわな

冷酷な殺し屋ピカソを演じてたのがあの人気ドラマ『LOST』のジャックだったマシュー・フォックスじゃんよ〜!っつかさ、役作りでダイエットしたのかただ歳喰ったのか、その変貌振りにいきなし驚かされたのと、逆にえれ〜太ったんちゃううううんん!ってなったジャン・レノの様変わりっぷりにビックリした以外はそこまで見所っつ〜見所も無く、はたしてモーガン・フリーマンからタイラー・ペリーにバトンタッチした意味や効果がどれほどあったのか疑問にすら思えてくる始末…簡単に言えばストーリー自体もそうだけど各自のキャラが全然活きてないってな感じ。ただそこにいるだけでキャラが立ってたのはシシリー・タイソンくらいだもんWWW。

ま、さっきも言ったけどマシュー・フォックスは頑張ったで賞には値するかもしんないけど、超肉体派でも、超頭脳派でも、変態派でもない悪役ってのはなんだかんだで中途半端に終わっちゃってるし、ラストも弱え〜弱え〜www。他にもジャンカルロ・エスポジートなんかの姿も見えたんだけど、シーンも一瞬だし、ラストなんかなにやら音楽なんかも名作『スピード』を髣髴する展開になってるしで新鮮味やサプライズ感は皆無なんだよね〜コレが。

あとは望みの綺麗どころって感じになるんだけど、こっちの方は嬉しいことに最近Qちゃんブラックビューティーランキング赤丸急上昇中のカーメン・イジョゴが相変わらずの美しさで出演されておりましたよおおお〜!これが残念なことに豹変しちまったLOSTのナイスガイに狙撃されて…うっうっチキショオオオオ〜!

先にも言ったけど公開から日本版DVDリリーズまでそう時間もかからなかったので、楽しみにしてた俺にとってはなんともラッキーだった訳なんだけど、その分ガックシ感がハンパなくてさ。んじゃタイラー・ペリーは結局…ってな事にはならないんだけど、どうしてもアクションやサスペンスの方が邦版リリース率高しなだけに、ホントに彼の素敵な部分や素晴らしい作品ってのがなんだかんだでこれからも日本スルーされちまうのかな…と不安になりましたわ。それと同時に、別にズラかぶんなくたって彼の持ち味はもっと活かされるべき!っつ〜事で、恋愛やコメディだけでなく、「これはおもろかった!」ってな作品を“日本版”で見たいなと。

だって俺、彼の作品はほぼ日本語字幕無しで見てきたんだけど、半分も理解出来てなくたって、そりゃ〜オモロい作品ばっかなんだから!

『THE SAMARITAN(コンフィデンスマン/ある詐欺師の男)』
2013年04月15日(月) 15:34
いやいやいやいや、ホンットに待たされましたわ!でもやっと聴けますね〜彼女の歌声が!…え?誰って?エンディア・ダヴェンポートですよ〜!もう俺は彼女の大ファンで、ソロ作の『Get Used To It』が2006年リリースされてからというもの、次はまだか次はまだかと思ってるうちに「おいおい、引退したんじゃね?」とまで疑うなしのつぶて具合!ところがなななんとブランニューヘヴィーズとしての新作が5月にリリースとのこと!いや〜最高!

実は既に『Sunlight』と『Addicted』の2曲が公開されてたので、恐らくそう言う流れになるとは予想されてましたが、これがまたホンットにカッコよくて、いわゆるアシッドジャズらしいアシッドジャズといいますか、一時、BNHもちょっと路線がコアになったりしたんだけど今回は王道的な内容になってんじゃないかなと思います。マジで早く聴きたい1枚ですね〜!

っつ〜事で今回ご紹介する作品は『THE SAMARITAN(コンフィデンスマン/ある詐欺師の男)』です!

殺人の罪で25年間服役し、はれてシャバに出てきたフォーリー。以前は詐欺師として名をはせた彼も今では天涯孤独…誰を頼ることもなく1人堅気として生きていこうとする。そんな彼の前に詐欺師時代の相棒の息子であるイーサンが現れ、自分と組んでまた詐欺師として復活して欲しいと頼むが、彼は耳を仮想としなかったが…

まずさ、原題である“THE SAMARITAN”ってそのまま“サマリア人”って事ですわな。んでもって邦題の“コンフィデンスマン”ってのは、副題にもある様に“詐欺師”って事でしょ?…の割にね、あんまり詐欺師である意味みたいな部分が薄い設定だったな〜っつ〜感じなんすけど。だってかつて大物詐欺師であったっての、あくまで設定上だけで、どんだけ凄かったかを匂わす様なエピソードもシーンも全然ナッシングだし。ならやっぱちゃんと意味が絡んでる原題である“THE SAMARITAN”の方がしっくりいくかも…ま、んなこたいいかwww。

さてこの作品、ホンットに年間どんだけの作品に出てるっちゅうねんってな程のビジーワーカーなサミュエルが自ら製作総指揮までかって出たという熱の入れ様なんですよ。の割にはドッカンと来る様な作品とは言えず、ひっそりとDVDリリースされてました的ポジションがシックリ来る、なんともブルーカラーな作品となっております。

とにかく復帰を拒むフォーリーに対してイーサンがあの手この手を使って嫌でもカムバックしなきゃいけない状況に追い込むんだけど、その一つであるハニートラップが…アイリスって女。俺は邪気をまわせばサミュエルがこのアイリスを演じたルース・ネッガっちゅう女優さんをいたく気に入り、ちょいとイチャイチャしたいなと思ったからリキいれて製作したんじゃないか…っつ〜程、彼女に対するサミュエルの入れ込み様といったら、役柄とはいえ相当なもんでしたよwww

ま、これまた個人的な事言わせていただければ、ちょい役としての出演だったとはいえ、デボラ・カーラ・アンガーの妖艶な魅力と気だるいあの独特なセリフ回しを久しぶりに見れた方が嬉しかったですね〜。彼女の裸も期待したんですが…あっちゅう間に死んでしまい残念で残念でwww。

んなこたいいとして、大作でもなんでもない作品だし、冒頭でちといきなしの辛口評価もしちゃってますが、全体的に言えば決して退屈な作品じゃありません。ただ、ホントに敏腕詐欺師としての片鱗すら垣間見れないストーリーは若干の物足りなさを感じたのも事実…作品量産俳優である反面、こういった“残らない”的な作品も多いんじゃないかなと、そこが残念といいますか。同じ様な俳優さんとしてキューバ・グッディン・Jrなんかも挙げられますねwww。

でもさ、サミュエルの場合はそんなんだけじゃなく、ホントに大きな作品にもコンスタントに出演してるので、逆にこういったB級の方ではある意味自分なりの拘りをモロに反映した作品も結構あるな…なんて思います。よくあるじゃないっすか、演者がホントにこんなんやりたい!ってのと、観客が求めるニーズっていつも必ず合致なんかしないでしょうしね。

この作品で彼が言ってましたわ…「同じことを繰り返してたら、人は一生変わらない」…そりゃそうだ、ごもっとも!www

Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog