• 2017/10
  • 2017-11 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017/12

RESPECT〜このブログを
   Oscar micheaux
  Paul Robeson
Spencer Williams
 Sidney Poitier
 Dorothy Dandridge
 Melvin Van Peebles
    Kool-Herc
 GrandmasterFlash
 Afrika Bambaataa
Fab Five Freddy
Grandmaster Caz
    Melle Mel
    TAKI 183
CrazyLegsに捧ぐ
『THE MAN WITH THE IRON FISTS』
2013年10月01日(火) 00:13
いきなりですが千葉真一さんがさ、JJ(ジャパンジャスティス)サニー千葉って名前にしようが、和千永 倫道ってな難しい名前にしようが、正直国内ではあんまり話題にもなんなかったでしょ?でも海外で“サニーチバ”っつったらそれこそQT自ら出演オファー出してきたり、未だにアクションレジェンドとしてDVDなんかもリリースされてたりする訳じゃないっすか。そうです、特にアフロアメリカンは何故かカンフーや空手といった東洋武術が大好きで、尚且つそういった映画が量産された70年代の作品も大好きなのでありますよマジで!

なもんで…今回紹介する作品は、きっとこの人もそんな70年代オリエンタルアクションムービーの大大大ファンだったんであろうウータンクランの統領であるRZAが自分でもつくっちゃおうってな感じでリキいれて撮った『THE MAN WITH THE IRON FISTS』ですばい!

中国で敵対する勢力である猛獅会と群狼団両方から武器の製作をたのまれた鍛冶屋。そんな中、猛獅会のアタマでらる金獅子が、金塊の輸送中に部下の銀獅子に裏切られ殺されてしまう。更に銀獅子は金獅子の息子であるゼン・イーの元にも刺客を送り、瀕死の状態になったゼン・イーは鍛冶屋の元へ。しかし、銀獅子に捕えられた鍛冶屋は、両腕を切り落とされてしまう…

RZAがカンフー映画を撮ってるって事はもう随分前から話は出てたんですが、いよいよそいつが公開!…といっても既に関東・関西方面では上映が始まってるってのに、またいつもの地方ハンデを喰らうのか?と不安になってましたがなんとか遅れたもののでめでたく公開となり行ってきましたよ久しぶりにルンルン気分で劇場へ!

結論!いやいやいや、メタメタ良かったっすよおおおお〜!!!!!

QTが関係しているだけに70年代香港カンフー映画に対するオマージュを随所に感じられるだけでなく、全体的にはグラインドハウス臭がプンプンでしてwww。腕はモゲるし人間じゃね〜ヤツいるし、キャラの名前が格ゲーみたいだしでもうキル・ビル的にハチャメチャなんすよ!ちょっとコアな事言えばさ、ジャッキーさん初期黄金時代、いわゆるゴールデンハーベスト製作の純正カンフー映画って、どっちかっつ〜と残酷な作品よりもクソ真面目だったり逆にコミカルなモノが多いでしょ?(前者がロー・ウェイで後者がユエン・ウーピン)。

でもそれ以前、いわゆるショウブラザーズ(ゴールデンハーベストを立ち上げたレイモンド・チョウやロー・ウェイもいた映画会社ね)系の作品ってのは結構真っ赤なベットベトのわざとらしい血のりドッバ〜みたいなヤツも多くてwww。ジミー・ウォングがおっそい蹴り入れたら口からドッバ〜みたいなwww。片腕だったり超変な武器だったりwww。でも俺達的にはそれもまたまぎれもない“あの頃”な訳で、むしろカンフー映画の“恐ろしさ”みたいなもんをモロに見せてくれてた訳よ!

んでそんな古き良き時代にRZAというウータンなアーティストがHIPHOPというエレメントを混ぜちゃったもんだから、ハチャメチャ具合もバイバイゲームだし、あの頃には無かった今風なCOOOOLさってのがプラスされて、最高にバカカッコいいエンターティナー作品に仕上がってると思いました。

なにしろさ、設定も普通じゃないじゃんwww。俺らなんか最初は『少林寺木人拳』ですら「ええええ〜?」とか思ってた何もわかっちゃいないガキだったんだけど、後にそれこそ遡ってショウブラザーズ系のトンデモ系カンフー作品を見る様になり、“目が肥える”訳ですよ。そんな俺にとってはホンットにこの手のトンデモ・ナウ!系な作品をこの時代に見れるなんざ…RZAよ、ウータンの冠はダテじゃなかったなホントに。

それから俺が一番不安に思ってたラッセル・クロウなんだけど、意外にこの作品に溶け込んでたっつ〜か、妙に“浮いてなかった”んだよね〜。それよりもなによりも、悪役がそれぞれいい味を出してたな〜と。だってカンフー映画、特に時代劇的な設定のヤツって、いかに悪役が悪くて個性的で強いかで全然変わってくる程重要なアイコンであることは間違いナッシングでしょ?そこ行くとオモロなヤツから超個性的なヤツまで、マジでいい感じだったなと。

ま、カンフー的な部分で言えばもちょっとって感もあったけど、それでも、それでも、それでもよく頑張ってるな〜って感想に繋がっちゃうのでやっぱなんだかんだで俺的には大満足いく作品だったと言えますですはい。

あ、それから、たったそれだけの為に!ってな感じのチョイ役でパム姉さんが出てるんだけど、逆にそれだけの為だけにって感じだからこそ有難味があってこれまた最高でやんしたよおおおお〜!ジミーウォングの『片腕必殺拳』みたいに続編やんね〜かな〜!!!


『FAST & FURIOUS 6(ワイルド・スピード EURO MISSION)』
2013年09月20日(金) 00:25
こないだ中国に出張にいったとココでも触れたんですけど、海外旅行の経験がある方なら皆さんご存知でしょうが、機内では映画なんかも見れちゃったり、中にはまだに日本で公開されてない作品なんかも見れることもありますわな。

ま、今回は既に公開済の作品なんすけど、機内で見させてもらったヤツを紹介しちゃおうかなと思います。これはオモロかっったっすよ〜!『FAST & FURIOUS 6(ワイルド・スピード EURO MISSION)』です!

大きな仕事を終え大金持になったドミニク達。それぞれが優雅な生活を静かに送っていたが、そんな彼の元にFBIの天敵であるボブスが現れ、元イギリス軍人ショウが率いる犯罪組織の謙虚に協力してほしいと頼む。しかも死んだはずの元恋人であるレティが生きている可能性もあることがわかり、再びチームを集めるドミニクだったが…

このシリーズはホンットにハズしませんよマジで!っつか車に興味がない男性もそりゃ〜いるだろうけど、きっとそんな人達でも十分スゲエスゲエと楽しめちゃうんじゃないかなとマジで思います。特にこの作品は過去のド派手さに負けず劣らずのカーチェイスアクション大作となっておりました!

さて、いっつもハンパない種類の車が登場する今作、俺が個人的にニンマリしたのは、ゴツいアメ車のマッスルカーでもなく、解り易い嫌味感満載のイタ車でもなく、レティが大事に愛車としてブンブン転がしていたイギリス車であるジェンセン・インターセプター!どれもこれも“速さ”を売りにしてる車ばっかな中、71年式のラグジュアリー車でしかもそんなに需要も高くなかったこの車をチョイスし、しかもニトロまで搭載してドッグファイトさせるなんて、やっぱりこの作品はホンットにこの辺り車好きの的を得てるな〜と感心しますわマジで!

それに単純明快なストーリーとはいえ、今回は金や満足感ってだけで動く彼等ではなく、自ら達を皆が“家族”という様にサッと集合し、サッと動ける絆きたいなものも感じ、シリーズの中でもストーリー的にも厚かったんじゃないかなと思いましたね。個人的にはシリーズ最高の作品だと思います。

ま、そもそもFBIが態々国際指名手配犯を訪ねてって「お前らの力を貸してくれ」って設定の時点でアウトっちゃアウトなんだけど、この作品はそんなこまかな(いや、結構デカいけど)部分あ〜だこ〜だ言うべき作品じゃない!だってホンットによく考えるよな〜って思う程、毎回新たなカーチェイスが登場し、毎回新たなクラッシュシーンが来る出される訳でしょ!もうね、否応なしにアドレナリン分泌ですわ!

それにさ、今回は個人的にも大好きなミシェロドにスポットが当たってただけに、いつもの斜に構えて男を挑発するワイルドな彼女も見れるし、ふっと女に戻ってきゃわいらしい笑顔も見せてくれるしでもう!それにさ、更に嬉しいことに、これまた大大大好きな格闘家、ジーナ・カラーノもロック様の部下として新登場し、飛びつき十字固めまで繰り出してくれちゃってるしでもうおっちゃん大満足ですわ!マジでシーナ、綺麗でカッコイイ!

んでもって今回は悪役のショウが乗る車ってのがなんともスゲエやつでさ、なんか形や音はモロにF1みたいなんだけど、フロントカウルで正面衝突して相手の車をハネあげちゃう必殺技まで繰り出す恐ろしい軍事車両でさ、もう初っ端にドミニク達はこれでボッコボコにやられちゃうんだわさwww。それにやっぱ元軍人っつ〜だけあってハイウェイでは“戦車”まで繰り出す始末…もう過去の敵とはレベルも違うんだよコレがwww。勿論我が日本が誇る高性能な日本車も登場しとりましたよ〜!GT-Rは勿論の事、スバルBRZにランエボ、370Zも外国受けするよね〜!

それに、これはこの作品をココで紹介する一番の理由でもあるタイリース・ギブソンとリュダクリスの存在なんだけど、これはオーバーでもなんでもなく、彼らがいるいないじゃこの作品の満足度は随分と変わってくる!と言えます。ま、勿論俺がココでこんなブログをやってっから…という理由もあるんだけど、彼等2人がチョイチョイ見せてくれるウィットにとんだ会話やズッコケエピソード、それらがストーリーの中でも抜群の存在感を見せてくれてるし、なんだかんだで“なくてはならない存在”になってんだな〜と改めて感じましたね。

監督のジャスティン・リンも、途中『阿呆遊戯 ブルース・リーを探せ!?」』といったトンデモ作品なんかも撮りつつ、なんだかんだでこのシリーズ6本中4本の監督を務めてるだけあってツボを心得てるな〜と思うし、これまたお約束の様に続編がある事も決定っつ〜事で、どんどんスケールが大きくなり、面白さもデカくなってく分、いつどこで失速しちまうのか不安で仕方ないっつ〜感情も無きにしも非ずで御座います。

とにかく、このシリーズはどれもオススメ!見て損はないっす!
『Shaolin Dolemite』
2013年08月06日(火) 00:52
どもっ!考えてみりゃここ数か月HIPHOPのCDを購入していないボクですwww。
っつか最近ビビビっとくるCD、あります?まあR&Bの方は結構シーンもニューカマーが続々ってな感じですけど、HIPHOPってどうよ?

さびしいですな〜、80年代90年代は毎週レコ屋にチャリンコ飛ばしてたってのに…トホホですよ。

っつかそんなん置いといて、今回も元気に行ってみましょう!オバカですよおおおお〜、『Shaolin Dolemite』をご紹介!

僧侶であるルーディーは悪者であるトゥーパック(笑)を探す為に中国を旅していた。ひょんなことからお約束のごとく少林寺に辿り着き、当然のごとく滞在することになる。そこへ修行をしに日本からやってきたサンドラは、途中、忍者軍団(笑2)に襲撃され、同じ様に害にあっていた少林寺に特別入門を許可される。しかし、忍者軍団はルーディーが追っているトゥーパックと手を組み、少林寺襲撃を企てていた…

ブラックスプロイテーションムービーの個人的魅力はもう嫌っちゅう程語ってきたんで省略しますが、星の数ほど存在する作品達ってのは当然に歴史的にもバックボーンが大きく影響してたりするんだけど、中にはそんなんぬきにしてもうバカ丸出しの人ってのもいたりしたでしょ?

この人がその筆頭です、ルディ・レイ・ムーアwww

っつか俺は未だになぜこの人の代表作である『ドールマイト』を含んだルディ・レイ・ムーアBOX SETなる商品が“日本版”としてリリースされたのかわからないんすよね〜www…もちろん予約の段階で購入しましたけどwww。いやいや、俺にとっては願ってもない事でして感謝感謝だった訳ですけど、星の数ほど存在するブラックスプロイテーションムービーの中で、彼のオバカ作品よりもっと先に日本版にすべきだろ!って作品はこれまた山ほどあるっちゅうのにwww。

とまあなんだかんだでクラシックっちゅう事でしょ!という結論に達するドールマイトなんですけど、やっぱり彼も自分自身の出世作に助けを求めたのか、なななんと今度は“ミーツ少林寺”ですわwwwwww!しかもね、もう先に言っておきますけど…この作品…彼…そんな出てないですわwww。なんつ〜んでしょ、これホンットにはなからこのタイトルで彼出演作として造ったの?って疑問が悶々と俺の中に漂う様なインチキ臭〜い雰囲気バリッバリでございますwww。

ただね、こういった事俺が言うって事は…もうお分かりかと思いますけど…

「そうこなくっちゃ!ルディ・レイ・ムーア!!」な訳ですよ!

元気いい頃は笑っちゃう系でせわしく動いてた彼が、もうこの作品ではなんつ〜か口ばっかの支持ばっかっつ〜かもう!!!www、マジで久々に炸裂させますけど「どうかしてるぜえええええ〜!」と叫びたくなる訳ですよ!

これはね、俺個人としても自覚してる事なんだけど、俺達みたいなマニア…いや、ジャンキーにしてみれば、作品自体の評価なんてことよりも、その作品を知ってる!見たことある!語れる!って事がすでに満足感バリバリといいますか、更に言えばそういう作品って皆が皆、賛辞を贈る様なもよりも、中には一切受け付けないって人もいる様なヤツの方が“おいしかったり”するもんなんです。

そこいくとさ、ルディ・レイ・ムーアって人は、やっぱりブラックスプロイテーションムービーを語るうえで、パムやリチャード・ラウンドトゥリーと“同等”のランカーとして語れる訳じゃないっすか!だって以前、この手のジャンルの映画が大好きでポスターも集めてますって若者と話した時、「え?ルディ?…なんすか?」ってな事言われて…偉そうな言い方になるけどその時点で彼の“浅さ”が露呈する訳ですよおおおおお〜!

カッコイイ!オサレ!オモロイ!だけじゃなく、この頃の作品ってのは今だから尚更“ダサい!”、“カッコ悪い!”、“ショ〜モナイ”の三拍子に拍車がかかって楽しめるってもんでしょが!

ま、問題なのはこの作品が70年代物じゃなく、1999年モノって事なんすけどねwww

『Dance Fu』
2013年05月22日(水) 11:19
いやいやいや、皆さんもビックリされたと思いますが、数日間、このブログ、サイバーテロの被害にあっておりまし…っつ〜のはジョ〜ダンで、サーバートラブルで文字バケしちゃってましたwww。一時はマジで引っ越しすら考えて、ある意味ワクワクもしてたんですが、問い合わせしてたDTIさんの方から丁寧な返答が来た時、安堵と一緒に僅かながらの残念感もあったりしたもんです。

っつ〜ことで気を取り直してまたまたココで再開していきますが、今回の作品は気持ちも新たに記念!として、結構なトンパチ感満載の作品『DANCE FU』をご紹介!

ダンスはメタメタ上手いけど喧嘩になるとヘタレっぷりを発揮するシカゴ。更にダンスの腕を磨くべく、クラブを経営する叔父の元へ行き、幼馴染のシャカもシンガーとして成功しているしで気合が入るシカゴ。ところが悪党ウィリーが叔父を殺害!復習に燃えるシカゴはウィリーの師匠である達人ホーにカンフーを手習うことになるが…

いやいやいや、出ましたね久しぶりに大笑いで語れる系の作品が!そうですね〜ニュアンス的にはラルフ・マッチオとノリユキ・パット・モリタの人気シリーズ『KARATEKID(ベストキッド)』に音楽とダンスを散りばめ、トドメに『LASTDRAGON』のトンデモ度をちょいと振り掛けた…ってな感じの作品といえば解り易いでしょうかwwwww

恐らくこの作品、日本版も出るんじゃないか度細川高し!なんすけど、リアルなバトルアクションを期待すると、マジで、マジでどっちらけちゃうから要注意!さらに、前述した『ラストドラゴン』を劇場でみた当時の俺みたいに「クソつまんね〜!」とか言う輩は、この作品にもまた同じ様な印象を抱くであろうから再注意!ちなみに経験と苦労を重ねた今ならラストドラゴンという“カルトクラシック”で一晩中語れますけどねwww

まずこの作品、監督がなななんとセドリック・ジ・エンターテイナーがやっとります!そうです、最近よくスクリーンでも見る事が多くなったあのおデブな人気コメディアンですね。んでもって彼が監督、しかも初監督っつ〜事なら気合も十分と期待するじゃないっすか否応無に!

これがマジでドッチラケなんだわさwwwwww!

いや、だから逆に語れるのが俺の深いところじゃないのさ!www。
でもさ、ハッキリ言えばどこに重きを置きたかったのかがあやふやになってたというか、ダンス、カンフー、笑い、ストーリー、どれも正直パッとしないってのが正直な所。正直タイトルからすれば踊りながら強くなるカンフー的部分か、もしくはセドジ監督っつ〜ことでどんな笑える要素が満載なのか…ってな部分に俺は注目ポイントを絞るんだけど、これはどっちも50点未満といいますか、もっと言えば初監督作としての気合は何処へやらという感じでムチャクチャながらの勢いも全然無かったのが正直なとこ。

けどさ、それでも居酒屋で語りたいタイプの作品なんだよ。要はね、アフロアメリカンってホンットになんだかんだで東洋武術といいますか、空手やカンフーが好きなんだな〜って思うし、それらのイメージってのをいまだに自分達なりに勝手に固めちゃってるというか、そういった“目で入れる”描写ってのはオイオイと思う反面笑えるんですよね。

ある意味、そういった部分をただシリアスに表現すると、同じ様なB級アクションばっかになるだろうし、とりわけ“ブラックムービーであるが故に”って事を考えたら、彼らなりの首長やオリジナリティ溢れる表現の方が惹きつけられるし面白いと思う。日本人には理解出来ないのかもしれないけど、興味があるのはこの作品をアフロアメリカンはどう見たのだろうか、どう感想を抱いたのだろうかっちゅう部分。

出来れば「クレイジ〜な映画だぜえええ〜」と大笑いしてほしいなと思う訳ですwww

主演のケン・ミッチェル、そういえばキーナン・トンプソンと『グッドバーガー』とかに出てたな〜と思ったけど…人間って成長するっつ〜か、年取るもんんだねwww

『LINEWATCH(バトル・ライン)』
2013年05月10日(金) 00:49
90年代の初めにジャーメイン・デュプリのプロデュースでデビューし、“JUMP”が日本でも大ヒットをブチかましたチビッコデュオ“Kris Kross”のクリス・ケリーが5月1日、34歳の若さで急死したらしい。

死因はまだはっきりしてないけどやっぱりドラッグのオーバードーズでは?との話も既に出ている…なんというかやるせないですね、ホントに。
クリスクロスといえばクロスアウトスタイルとかいってデニムを後ろ前逆にはいてたりする独特なファッション(日本では流行らなかったわな)や、チビッコというキャラもプラスし、随分とHITしましたね。個人的にはちょっと大きくなった後のセカンド“Da Bomb”のレイドバック具合が嫌いじゃなかったです。

ご冥福をお祈りいたします。

っつ〜事で、今回ご紹介する作品は『LINEWATCH(バトル・ライン)』です!

テキサスの国境付近で警備員をしているマイケル。ある時不法入国者の殺人事件が起きる。捜査を進めるマイケルだったが、そんな中、かつて同じギャングとして活動していた仲間達が彼にコンタクトを取ってくる。完全に脚を洗い、妻子と共に平和に生活し平和に働くマイケルは、彼らの行動に戸惑うが…

いや、解ってはいましたよ、大体どの位の規模で、どの位のストーリーを、どの位のテンションで、どの位の火薬を使って、どの位の予算内で撮った作品なのかっつ〜事ぐらい。でなきゃさ、それなりの大作であればレンタル開始時にはもちょっと本数並ぶ筈だな〜とか思うでしょ?…1本、しかもひっそりとってな感じだったでしょ?どこのレンタルショップでもwww

なもんで、正直それなりの結果を予測してましたけど、やっぱり思ったとおり、それ以上でもそれ以下でもなく、そのままの作品でしたね〜!っつかさ、キューバ・グッディング・Jrってさ、ホンットにこのテンションの作品ってメッタメタ多いですよね〜笑っちゃう位!なんだかさ、助演男優賞まで撮ったし、それなりの黒的良作品にも多く出てるじゃないですか、その割にはなんだかヴァン・ダムやカート・ラッセル臭がしてきてて、なんだか心配ですwww

ま、本音を言わせて貰えばですね、個人的にはそれでも全然OKな訳ですけどね。っつ〜のもある意味そういった作品でもコンスタントにリリースしてくれる方が、それを見てあ〜だこ〜だと言える訳でしょ?さすがに劇場公開は無いにしても、300円そこそこであ〜だこ〜だ言わせてもらえるだけで俺的にはOKな訳です!

さてこの作品、所謂“アクション”というジャンルに入れていいものだろうかと思う位、カーチェイスやガンアクション、爆発や殴り合いってのが…無い。あっても超地味〜ヘンドリックスで全然燃えても来ないし萌えても来ない訳だ。それでもね、ほぼ砂漠地帯での撮影なだけに、ストーリー転回もスピード感は無い分、ジワジワと主人公を覆う嫌〜な転回ってのはそれなりにハラハラ…とまで行かないにしてもハラッ位はするしでさwww

なんだかいつものパターンで申し訳ないけど、んじゃおもんないのかっつったらそうじゃないっすよ決して。「あいた〜!こりゃ大失敗!」ってな作品だったらその大失敗具合をバンバン語れちゃうんだけど、そこまで残念じゃない分、逆に語る部分も少ないってのが残念なトコですけどねwww

あ、カミさん役のシャロン・リール、いいですね〜。彼女はサミュエルとバーニー・マックの『SOUL MEN』にも出てましたが、タイラーペリーの『WHY DID I GET MARRIED TOO ?』にもっ出てましたよね?これがさ、最近DVDレンタルされてたんで驚いたわ〜、いよいよタイラー・ペリーの作品も日本で普通に見る事が出来る様になったのかな〜って。ま、ジャネットの存在がでかいんだろうけどさ、これが邦題が『理想の夫婦のつくり方』なんだってさwww。

Designed by GALPOP blog + GALPOP.net + Powered by DTI blog